--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一条戻橋 その1

2010年12月15日 00:13

一条戻橋

京都でもっとも“無粋”な通りは・・・京都市街の中心部を南北に貫く堀川通り。というのは、あくまで独断と偏見です(近くにお住まいの方、ごめんなさい)。

201012111610240ef[1] 〈堀川通り〉


戦前までは、西堀川通り、堀川、東堀川通りの三つは同じくらいの道幅だったのですが、太平洋戦争時、空襲での延焼を避けるため、西堀川通り沿いの家屋が強制疎開させられ、現在の“無粋”な大通りとなってしまったのです。
そんな堀川を1961(昭和36)年の廃止まで市電の堀川線(通称、北野線)が、東堀川通の中立売と四条の区間を走っていました。

20101211160705534[1]
〈映画『夜の河』(1956(昭和31)年)より 東堀川通を走る市電〉


かつての市電が東堀川通から西に曲がったのが中立売通りで、中立売通りの一本北にある通りが一条通。変わり果てた堀川通りの中で、平安京造営時から変わらぬ場所にあり続けるのが有名な「一条戻橋」です。そもそも堀川は平安京を造るにあたり 北山の木材を運搬する運河として開削されました。


20101211160703cba[1]

様々な言い伝えや伝説が残る一条戻橋ですが、もちろん『都名所図会』にも紹介されています。

20101211161308b68[1]

戻橋は一条通堀川の上にあり、安陪晴明十二神将を此橋下に鎮め、事を行ふ時は喚で是を使ふ、世の人吉凶を此橋にて占ふ時は神将かならず人に託して告るとなん。〔源平盛衰記に中宮御産の時、二位殿一条堀川戻橋の東の爪に車を立させ辻占を問給ふとなん〕又三好清行死する時、子の浄蔵父に逢んため熊野葛城を出て入洛し、此橋を過るに及んで父の喪送に遇ふ、棺を止て橋上に置、肝胆を摧き念珠を揉、大小の神祇を祷り、遂に咒力陀羅尼の徳によつて閻羅王界に徹し、父清行忽蘇生す、浄蔵涙を揮て父を抱き家に帰る、これより名づけて世人戻橋といふ。是洛陽の名橋なり。
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 一条戻橋〉


『都名所図会』では、二つ橋が架かっていますが、左が「一条戻橋」で、右は小川に架かる「主計橋」です。小川と主計橋は現在ありません。

2010121116084071f[1]





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/95-88e9d4c0
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。