--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩人 天野忠 その1

2010年09月01日 00:03

天野忠詩集(思潮社)表紙          天野忠詩集(土曜美術社)表紙 
〈思潮社版 天野忠詩集〉        〈土曜美術社版 天野忠詩集〉



「テスト」


鉛筆を指して
   これは何ですか と医者がたずねている。
   エンピツです。
見るからに気の良さそうな
七十八歳の老人が答える。
掌の上に煙草をのせて
   では、
   これは何ですか ときく。
花咲爺さんみたいな顔をして
しばらく思案してから
呆け老人は答える。
   エンピツです。

さっき見たテレビの医者そっくりの口調で
   これは何ですか と女房がたずねる。
   それは私の愛用の湯呑みです。
   では、と自分の顔を指して
   このひとは誰ですか ときく。
花咲爺さんみたいな顔をして
しばらく思案してからハイ、と私が答える。
   それは私の愛用のおばあさんです……。


詩集『古い動物』(1983年6月刊行)より



はたして、どのくらいの人が天野忠という詩人のことを知っているのでしょう。
17年も前に84歳でなくなってしまった“市井の詩人”のことを、です。


そもそも、この人の詩を読むまで、詩といえば、青白い顔をした文学青年の専売特許みたいに勝手に思い込んでいたものです。
そして、どの詩集もそうですが、行間を“意味ありげ”に空け、もったいなくもふんだんに使った文字の羅列は、ただ退屈で、難解で、高踏的で、自己中心的で、観念的な頭でっかちで、鼻高々で、自意識過剰のコンコンチキで・・・とにかくいけ好かないやつとしか思えなかったのです(笑)。

そんな、詩嫌いの自分にも、かろうじての例外は、学生時代の教科書で誰しもが読んだであろう
吉野弘の「夕焼け」(電車で座っている娘が前に立った年寄りに席をゆずれなくて、美しい夕焼けも見ないでじっとてうつむいている、あの有名な詩です)と、
谷川俊太郎のいくつかの詩(地球のどこかでいつも朝が始まっているというのとか・・・)くらいなものでした。
そうかといって、何かいい詩はないかなと、さがそうとするほどの魅力を詩という形態に期待もしていませんでした。

今となっては、何がきっかけで、天野忠の詩にふれたのかは忘れてしまいました。
いや、それくらい天野忠の詩は何の抵抗も、嫌みもなく、自然と肌になじんだのです。
初めて読んだ詩について、うつろな記憶をたどると「しずかな夫婦」(詩集『昨日の眺め』所収)だったような気がします。
やけに“ニシンそば”が脳裏に焼き付いているんです。それは自分もニシンそばが好きではなかったからかもしれません(笑)。


「しずかな夫婦」


結婚よりも私は「夫婦」が好きだった。
とくにしずかな夫婦が好きだった。
結婚をひとまたぎして直ぐ
しずかな夫婦になれぬものかと思っていた。
おせっかいで心のあたたかな人がいて
私に結婚しろといった。
キモノの裾をパッパッと勇敢に蹴って歩く娘を連れて
ある日突然やってきた。
昼めし代わりにした東京ポテトの残りを新聞紙の上に置き
昨日入れたままの番茶にあわてて湯を注いだ。
下宿の鼻垂れ小僧が窓から顔を出し
お見合いだ お見合いだ とはやして逃げた。
それから遠い電車道まで
初めての娘と私は ふわふわと歩いた。
   ニシンそばでもたべませんか と私は云った。
   ニシンはきらいです と娘は答えた。
そして私たちは結婚した。

(中略)

どこからか赤いチャンチャンコを呉れる年になって
夫婦はやっともとの二人になった。
三十年前夢見たしずかな夫婦ができ上がった。
   久しぶりに街へ出て と私は云った。
   ニシンソバでも喰ってこようか。
   ニシンは嫌いです。と
私の古い女房は答えた。


詩集『昨日の眺め』(1969年10月刊行)より



「しずかな夫婦」は天野忠の詩においても代表的な詩のひとつです。
そして、冒頭にあげた詩「テスト」と同様、夫婦というもっとも身近な題材で、数多くの詩を書いています。
そこには派手さはないものの、読むものを飽きさせない滑稽さとウィットに富んだ機転がありました。
また、天野忠の詩の多くは、力が抜けていて、達観し(それは人生において「思えば遠くへ来たもんだ」的な諦めの境地でしょうか?)、地に足がついている普通の言葉でした。
生活の匂いの沁みた言葉がやけにリアルで新鮮に感じるのです。


賀茂大橋より糺の森_20100831205033
〈天野忠が日課にした散歩で訪れた糺の森 賀茂大橋より〉






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/9-10d941e1
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。