--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東向観音 蜘蛛塚 その1

2010年11月27日 00:13

東向観音 蜘蛛塚 


縁日の北野天満宮の賑わいをよそに、参道を進み、二の鳥居の手前を西へ行くと東向観音というお寺があります。

東向観音05007


まずはこの観音寺(通称は東向観音)の由来でも・・・。


通称、東向観音こと観音寺は、延暦25(806)年に桓武天皇の勅により藤原小黒麿らが建立し、創建当時は朝日寺と呼ばれていました。
天暦元(947)年には菅原道真を祀る北野天満宮の前身となる社殿が造られ、応和元(961)年には筑紫の観世音寺より菅原道真作の十一面観世音菩薩が朝日寺に請来し安置されます。

応長元(1311)年、筑紫の観世音寺に倣って観世音寺または観音寺と改称し、「天満宮御本地仏・北野神宮寺」または、「奥之院」とも称します。
さらに本堂が東を向いていることから東向観音と呼ばれ(もともとは、東向、西向の両堂あったものが、応仁の乱や火災等で焼失し、西向きは再興されなかったそうです)、長く北野天満宮の神宮寺としての性格を担っていたようです。

その後、17世紀に豊臣秀吉が北野社を復興した際、東向観音も整備され、江戸時代後期には寺の正式名称を「観音寺」とし、現在は真言宗泉涌寺派の準別格本山となっています。


東向観音00515
〈現在の本堂は、慶長12(1607)年、北野天満宮本殿再建の際、時を同じくし、豊臣秀頼によって再建されたもの。また本尊の十一面観世音菩薩は25年に一度の御年祭の年のみ御開帳される秘仏で、次の御開帳は1125年祭の平成39年(2027)だとか・・・〉


さて、どうしてこのお寺を紹介したのかと言えば・・・蜘蛛塚があるからなのです。


蜘蛛塚05013 〈土蜘蛛灯籠〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/82-5995b65b
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。