--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルセル盗難事件 その1

2010年12月02日 00:32

京都国立近代美術館で1968年におこった「マルセル」盗難事件をご存じでしょうか。


アンリ・トゥールーズ・ロートレック(1864―1901)。

20101128002933507[1] 〈『ディヴァン ジャポネ』(1892年)〉

現在もパリを代表する観光スポット「ムーラン・ルージュ」。そこのポスターを描き、一躍注目を浴びた画家。そして、世紀末の混沌としたパリの退廃ムードの中から、新しい芸術の風を吹かせた人物。それがロートレックです。

20101128002918ecb[1]
 〈アンリ・トゥールーズ・ロートレック〉

彼は脚の悪い身障者として育ったこともあってか、娼婦や踊り子のような夜の世界に生きる、か弱い女性たちに親しい感情を抱きます。もちろん題材の多くは、夜の艶やかな女性たちでした。娼婦宿に入りびたり、「ムーラン・ルージュ」の常連になるなど、19世紀末の芸術家の退廃生活を示す逸話を数多く残し、長年の飲酒がもとで体を壊して、36年間の短い生涯を閉じます。
ユニークな生き方と人の本質を見抜く優しい観察眼、そして柔らかくも繊細な筆致は、今もなお多くの人に愛され、フランスを代表する巨匠のひとり、なのです。


そんな、ロートレックの作品231点を一堂に集めた「ロートレック展」が、京都市岡崎にある京都国立近代美術館で華々しく開幕したのが1968年11月9日。ロートレックの作品を系統立てて日本で扱う展覧会としては最初にして最大規模の作品展でした。

彼の代表作でもある「マルセル」は1894年に描かれた油彩画で、1階展示室の中央北、展覧会における特等席に飾られていました。
「マルセル」のモデルは、オペレッタ「シルペリック」の主演女優マルセル・ランデルとも、アンボワーズ街の同名の娼婦ともいわれていて、ふたつの対照的な俗説が当の絵画をいっそう幻惑的に映し出し、人びとはその魅力に釘付けになったのです。

201011241935535e5[1]
〈「マルセル」(1894年)大きさは8号(縦46.5センチ、横29.5センチ)。左上に「MARCELLE」と青色鉛筆の署名〉

会場は連日盛況で(入場者総数74,748人)、12月25日までの会期が、2日間延長されました。
しかし・・・、最終日である27日の朝、職員が開館前に異変に気づきます。


「マルセル」が忽然と消えていたのでした・・・。


201011241935548f2[1]
〈京都新聞 1968年12月28日付 朝刊〉

当時の価値で3500万円ともいわれる名画の紛失は日本史上最大の美術盗難事件として騒がれました。
しかもロートレックの遺作を数多く所蔵するアルビ美術館が共催し、他のヨーロッパ、アメリカの美術館、さらには個人所蔵の作品をフランス文化庁がまとめて借り受けるというフランス政府の全面協力もあって、ようやく開催することの出来た展覧会での大失態です。
フランスとの関係を憂慮した日本政府は即刻、文化庁長官が談話を発表し、美術館館長が辞任を表明。5万枚の手配書が配られ、発見者に1000万円の懸賞金を出すという異例づくめの体制で、“失踪”した「マルセル」を追ったのでした。


盗難から3日後には、「マルセル」の額縁だけが美術館からほど近い疎水の近くに捨ててあるのが発見され、さらに年が明けた1月4日には事件発覚前夜から当直だった55歳の守衛が自殺するという不幸にも見舞われました。責任を感じての自殺だったようです。

DSC00471[1]
〈「マルセル」の額縁が発見された岡崎疏水分水。正面に見えるのが京都国立近代美術館〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/77-15873abf
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。