--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛妻物語 その1

2010年12月01日 00:36

愛妻物語 監督・新藤兼人 1951年 大映

愛妻物語0004


この映画は観る者を複雑な気持ちにさせますね。
まず、この物語が新藤兼人監督の半自伝的作品だということ。そして、このあと新藤監督はさらに二度の結婚をし、最後の結婚は長年愛人として監督を支え、この作品で主役をつとめた乙羽信子だという事実が・・・。

愛妻物語000009
〈宝塚歌劇団を退団し、一年後。当時まだ当たり役のなかった乙羽信子が、『愛妻物語』の脚本を読み、ぜひ妻の役をやりたいと懇願してきたのです〉


吉村公三郎が監督した『安城家の舞踏会』(1947年)、『わが生涯のかゞやける日』(1948年)等のヒットにより、脚本家として名を得ていた新藤兼人でしたが、1950年に松竹を退社し、独立プロダクションである近代映画協会を吉村、殿山泰司らと設立します。その翌年、39歳にして初監督作品であるこの『愛妻物語』を発表しました。

さかのぼること、新藤監督が最初に結婚したのは、27歳の1939年。相手は4歳年下の映画記録係だった孝子さんでした。貧乏のどん底で、脚本家の夢を諦めかけていた監督を励ましたのが『愛妻物語』のモデルとなった彼女なのです。しかし、結婚から4年後、孝子さんは売れっ子脚本家となる新藤兼人を見ることなく、結核で亡くなります。

その後の1946年、新藤監督は34歳の時に見合いをし、美代さんと2度目の結婚をしますが、1952年からは乙羽信子との愛人関係も始まってしまいます。そして子どもが成長したこともあって新藤監督60歳の時に美代さんと離婚。さらに美代さんが亡くなった後の1978年、乙羽信子と籍を入れたのでした。

孝子さんが亡くなった後の新藤監督の人生が、どうしても『愛妻物語』を観る時、頭の片隅にひっかかってしまうのです(笑)。

まあ、そんな監督の人生を抜きにすれば、『愛妻物語』はいい映画に違いないのですが・・・。


愛妻物語000067
〈鴨川の三角州。後ろに見えるのは賀茂大橋〉






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/75-a91e2cd5
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。