--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しぶちん京都 その1

2010年11月23日 00:17

しぶちん京都 著者・グレゴリ青山 2006年

しぶちん京都 表紙


グレゴリ青山さんの笑える京都本シリーズ第2弾『しぶちん京都』(メディアファクトリー)です。
前作『ナマの京都』同様、書店にあふれた通り一遍のガイドブックに飽きちゃった人、必読ですね。

ただ、『ナマの京都』に比べれば、少しパワー不足なのは否めません(まっ、前作がおもしろすぎたのですが)。
タイトルの「しぶちん」は「ケチ」という意味。「はんなり」「ほっこり」が“ハレ”の京都弁だとすると、「しぶちん」は「いけず」「もっさい」「いちびり」「しんきくさい」「いらち」などとともに“ケ”の京都弁の代表です。

さて、『しぶちん京都』の冒頭は、そのものズバリ「しぶちん夜遊び案内」。
長年のバックパッカーの経験を生かしてグレちゃんが友人を引き連れ、安くて“おいしい(味覚的にも、体験的にもネ)”ところを案内してくれます。「東華菜館」「居酒屋 静」「夜の宮川町」「五条ゲストハウス」・・・。

しぶちん京都0005



もちろん普段の京都人の“生態”もてんこ盛り。

しぶちん京都0007

子どもの頃、家の扉が新しくなり喜んでいたグレちゃんですが・・・。


しぶちん京都0006

大人になって・・・実家の扉がアルミサッシであることに「麻生圭子にバカにされる」と頭を抱えるグレちゃん、最高! でも、悲しいかな、これが京都の現実なのよね~。


前作『ナマの京都』の料亭でのアルバイトに引きつづき、今回は年末の錦市場でのアルバイト経験(老舗の漬物屋かな? さすがに何屋さんかは、ぼかしてますね)も暴露しています。
もちろん欠かせないのは“いけず”なオバチャン。この人たちの口癖は「嗤われるえ」ですが、嗤うことが大好きなのは、まさにこの方たち当人なのです。

しぶちん京都0008

和気あいあいと仕事をする同年輩のアルバイトを横目に、ひとり大奥さんのお手伝いをさせられるグレちゃん。


しぶちん京都0009

京都人のプライドを逆なですると、蛇のようにしつこくネチネチと“いけず”をされてしまうのでご注意を(笑)。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/73-826e7439
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。