--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒場ミモザ その1

2010年08月25日 23:27

酒場ミモザ 著者・とだともこ 1992年~1996年

酒場ミモザ 1巻 酒場ミモザ 2巻 酒場ミモザ 3巻

今回はカルト的人気マンガの紹介です。
その名は『酒場ミモザ』。
すごく月並みな表現ですが、「ほっこり」という言葉がとても似合う作品です。

舞台は京都三条にある、座席7席だけの古びた小さなバー。
そこに集う常連客の他愛もない交流を描いています。
事件が起こったり、華々しい出来事があったり・・・ということは、間違ってもないです(笑)。

1992年から「月刊アフタヌーン」に掲載され、
単行本としても全4巻が発刊されましたが、後に絶版となっています。
その希少性が、さらに作品の評価をあげているのでしょう。


酒場ミモザIMG_10001_convert_20100825130758

主人公の女の子は、作者を想起させる芸大を出た絵描きの卵。
主人公といっても、彼女の視点で描かれるわけではなく、あくまで第三者的な立場で控えめに画面の中に登場しています。
むしろ、主人公の一歩引いたこの立ち位置によって、
バーで繰り広げられる常連の会話やエピソードが、
あたかもマンガの読み手がカウンターに座って傍らで話を聞いているような心地よさにさせているのです。

そして登場する常連客もなんとも個性的。この“なんとも”加減もちょうどいいんです。
会社員、大学教授、ミステリー作家、露天商の青年、学生運動くずれの農業家、東京から足繁く通う脚本家、OL、芸者、マスターの娘やその恋人・・・。
登場人物もほとんど実在した方たちのようですよ。

そんな個性的な客に対して、京都の風物に博識のマスターが、鼻につくわけでもなく、うんちくを語ってくれます。
ただしこのマスター、ちょっと京都弁が濃すぎるんですけどね。

IMG_0001_convert_20100826000031.jpg


経歴によると当時の作者は京都市立芸術大学出身の売れない画家ということですが、
失礼ながら、素人目にもけっして絵が上手いという感じではありません。
登場人物の顔の雑なこと・・・とくに主人公なんて(笑)。

作者によれば、図書館でマンガのハウツー本を借り、4ヵ月で4話32ページを書き上げたそうですが、
画質の拙さは、むしろ作者の情熱の勢いを表しているようで、いい味を醸しています。
本当にこのバーのことが好きだったのでしょう。
そして改めて思うのは、絵の魅力とは、上手い下手ではないのです。
作品中に出てくる総菜や突き出しや料理の数々も何ともおいしそう。そして登場人物も表情豊かに見えてしまうのです。

酒場ミモザIMG_10012_convert_20100825133319   酒場ミモザIMG_10011_convert_20100825133231

にしんずし、さばずし、夏の和菓子、かぼちゃの煮物、棒だらと里芋を煮た芋棒、湯豆腐、かぶら蒸し、・・・。
さばずしのツンとする匂いが漂ってきたり、かぶら蒸しの湯気も目に見えるようです。いやホントに(笑)。


酒場ミモザIMG_10009_convert_20100825133136

売れないミステリー作家の白河さんが大賞を獲り、黄色いハンカチ付きの風船を掲げ、常連客が祝う場面。


酒場ミモザIMG_10008_convert_20100825133039

元学生運動家の秋田さんが、学生の時につきあっていた恋人・キクちゃんの息子とミモザで出会い、
馴染みの店へと連れ回し、酒飲みの手ほどきをするエピソード。


酒場ミモザIMG_10004_convert_20100825132707

とにかく地元の人間も忘れてしまった、地の京都がふんだんに盛り込まれています。


酒場ミモザIMG_10003_convert_20100825132559

時は建都1200年で湧く京都。景観で問題となった京都ホテルもまだ建設中です。


酒場ミモザIMG_10005_convert_20100825132755

構想に煮詰まると、たびたび東京から訪れる脚本家のカベさん。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/7-b3e329e5
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。