--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀川東入ル その1

2010年11月18日 00:16

堀川東入ル 澤野久雄自選短篇集 澤野久雄 1978年

20101117011827565[1]


澤野久雄という作家を、今、どのくらいの人が知っているのでしょうか。

自分は恥ずかしながら、映画『夜の河』(吉村公三郎監督)の原作者というくらいの知識しか持っていませんでした。
それでも1960年代には、澤野久雄原作のドラマが数多くつくられていたようで(「翡翠」、「火口湖」、「受胎告知」、「夜の河」、「五条坂」、「落葉樹」etc)、当時は流行作家のひとりであったようです。

この『堀川東入ル 澤野久雄自選短篇集』を読んで・・・、これほど文章のうまい人がいたのかと、驚いてしまいました。

文体は、当時、可愛がられていた川端康成に似ているとの評判だったようで、それが作家の評価の妨げになったのかも知れません。
今の時代に、もっと知られていてもおかしくない人だと思うのですが・・・。


澤野久雄は、1912年生まれ。早稲田大学を卒業後、都新聞(今の東京新聞)を経て、1940年、朝日新聞社に入社しました。
1949年、藤沢桓夫の同人誌『文學雑誌』(5月号)に発表した「挽歌」が芥川賞候補となり、その後、「方舟追放」(『改造』1951年11月号)、「夜の河」(『文學界』1952年11月号)、「未知の人」(『文藝』1955年2月号)と四度、芥川賞候補にノミネートされますが、ついに受賞には到りませんでした。1959年には朝日新聞社を退社し、専業作家となり、1992年に亡くなっています。


『堀川東入ル 澤野久雄自選短篇集』には8つの短編が収められています。
澤野久雄は京都に魅せられた作家のひとりで、京都を舞台に何十編もの小説を書きました。『堀川東入ル』所収の作品もすべて京都が舞台で、主人公が職人、もしくは職人の家に育った人物なのです。染色、陶器づくり、窯焚き、人形づくり、紐づくり、漆工、おこぼ(下駄)づくり、と。

時代は1950、60年代。戦争の影も薄れ、活況いちじるしくなる頃。
新しい生き方を模索する若者が出てくる一方で、古い時代とともに静かに町の片隅で生きている職人がいて・・・。
時代の過渡期を、あくまで外連味のないオーソドックスな文体で、そして何よりも町に根ざした“人”そのものを、生き生きと描いていることに驚いてしまったのです。

あとがきで、澤野久雄は語っています。
「なるほど京都といえば、山紫水明の地だ。春の花も秋の紅葉も、美しい。寺や庭にも、すぐれたものは少くない。しかし私は、京の美を支えるものは、こういう自然や建造物ではなく、実は、伝統的に美しいものを生み出して来た人びとだと思っている。最近、私は京都という地名を思いうかべると、その町の風物よりも、私がこの四十年間に出会つて来た数多くの京の人びとの、職人たちの、鋭い目や見事な手を目に描くようになつた。私は一人の作家として、その人たちに出会うことが出来たことを、何よりも有難く思つている。」

派手やかな京の町の風情は多く出てきません。しかし、町に生きる人びとの喜びや悩みや優しさや、そして恋慕の情なんていうものも、短い小説群の端々に柔らかくではありますが、ほとばしっているのです。






コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/69-abcc1713
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。