--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安寿子の靴 その1

2010年11月15日 00:04

安寿子の靴 脚本・唐十郎 演出・三枝健起 1984年


極私的、テレビドラマ名作NO.1に認定ですっ!

「安寿子の靴(やすこのくつ)」は、1984年10月、NHKのドラマスペシャルで90分にわたり放送された単発ドラマです。
脚本は唐十郎が書き下ろし、演出は三枝健起が担当。
この両者がコンビを組むのは「安寿子の靴」が初めてで、その後、ふたりで何本かのドラマを作っています。


家出をした幼い少女と、中学生の少年が鴨川の川辺で出会うところから物語は始まります。
少女はなぜか少年にしつこくつきまとい、少年も最初はわずらわしく思うものの、次第に亡くした姉の面影を少女の中に見るのです。
少年は姉のことが忘れられず・・・、少女は未婚の母の子として生まれ・・・、ふたりは何かを求めるように京都の町をさまよいます。
「安寿と厨子王」の物語をモチーフに、恋人でもない、兄妹でもない、年の離れた少年と少女のふれあいと切ない別れを描いています。


安寿子の靴000017

なんといっても注目は、少女役の泉リリセ(のち、麻山ウランに改名)ちゃん。当時は7歳だったといいますが、たぶんこの子の人生で最も輝いていた時期がこの時だったんじゃないかという、これぞ奇跡の演技です。
かなりおませな役柄で、「ガキ!」と罵る少年に「何よ、18歳未満!」と言い返してみたり、
父親のことを尋ねられ、「正式じゃないんだって、妻と夫が。お母さん未婚の母なんだよ」と説明したり、
名前を聞かれて、「たいした名じゃありゃせん!」とすかしてみたり(笑)。

安寿子の靴000043

少年役は当時15歳の大鶴義丹。俳優としてのデビュー作です。もちろん脚本を担当した実の父・唐十郎がらみでの主役抜擢だったんでしょうが、大人になってからよりも当時の方が演技はうまく、垢抜けていない分、味もありました。

安寿子の靴000074

少年の姉・安寿子役にはアンニュイの代名詞・小林麻美。木訥で少しぽっちゃりした大鶴義丹と、洗練された小林麻美との姉弟は、そのアンバランスさが、亡くなった姉を慕い続ける弟の哀しさを際立たせているようにも感じます。

他にも、サラ金業者・曽根役には古尾谷雅人。かっこいいです!



(注:このあと、恒例、ネタバレありのあらすじをつらつらと書いていきますが、今ならYOUTUBEで全編見られるかも知れません。興味のある方はあらすじを読む前に検索してくださいね)





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/65-45fb5590
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。