--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちげんさん その1

2010年11月12日 00:46

いちげんさん デビット・ゾペティ 1996年

IMG_0004.jpg


物語は、流暢な日本語を話す留学生と、目の見えない女性との恋の話、です。
“外人”として好奇の目で人びとから見られる主人公の“僕”は、京都の街にとって「いちげんさん」のような存在でしかなく居心地が悪い。しかし盲目の女性・京子は、外国人として“僕”を見ず、ひとりの人間として接してくれていることに喜びを感じる・・・と。


正直、苦手な作品でした・・・。

「京子に最初に出会ったのは大学三年生の時だった。激しい霙が降り、ひどい二日酔いに悩まされた一月末の昼下がりだった」。
まず作品冒頭の“霙(みぞれ)”の一文字で、“文章の背伸び感”が鼻についちゃったのです。


作者・デビット・ゾペティ氏は1962年生まれのスイス人。ジュネーヴ大学日本語学科を中退して来日し、同志社大学文学部文化学科国文学専攻に編入。卒業後、テレビ朝日で働いていた1996年に本作『いちげんさん』で、第20回すばる文学賞を受賞。第116回芥川賞候補にもあがりました。

今出川04593
〈左(北)は同志社大学、右(南)は京都御苑〉

西欧人がネイティブでない日本語を使い、ここまでの文章を書くことには、ただ、ただ脱帽で、凄いと言わざるを得ないのですが・・・、
ところどころ、いや、かなりの部分にでてくる格言めいた言葉の数々や譬えも、自分の性にはまったく合いません・・・。

「うまいコーヒーの香りには世の中の問題を何でも解決できそうな不思議な説得力があるものだと僕は感心した。」
「川辺でバーベキューを楽しむ以外に意味を持つ営みが何ひとつとしてない日があるのと同じように、読書をしなければその日の存在意義が永久に失われてしまうような日もある。」
「ボブソンの苺アイスクリームにココナッツの粉をかけて食べるのが純粋に好きな人がいるのと同じように、読書が純粋に好きだった。」

ほんの一例ですが、ぜ~んぜん、おもしろくもなんともないんですよね(泣)。陳腐なこれらの文章がせっかくの独創的な物語を台無しにしちゃっているのです。

この作者は村上春樹の影響をかなり受けてるんじゃないでしょうか(まあ、村上作品が外国的という意見もありますが(笑))。
ただ、村上作品の特徴でもある格言は、村上春樹だからこそ嫌みなくしっくりくるのであって、“村上春樹風”に真似をし、作中に散りばめたところでわずらわしいだけなのです・・・。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/62-7075ce15
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。