--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都 その1

2010年11月08日 00:27

古都 川端康成 1962年

20101107013638638[1]


平安神宮の桜、御室での花見、葵祭、鞍馬の竹伐り会、祇園祭、大文字送り火、時代祭、北野おどり、事始め、北山しぐれ・・・。清水寺、嵯峨の尼寺、念仏寺、野々宮神社、植物園、高雄、北山、北野神社、上七軒、南禅寺、青蓮院、円山公園・・・。森嘉、瓢正、湯葉半、中里、大市、左阿弥・・・。
京都名所の幕の内弁当や~(笑)と言いたくなるような、京都の春夏秋冬、歳時記のオンパレードです。

しかもその内容は――
捨子ながらも裕福な呉服問屋の一人娘として美しく育った主人公・千重子。
ある日、友人と訪れた北山杉の里で、自分と瓜二つの娘・苗子を見かけます。
そして祇園祭の宵山の夜、四条にある八坂神社の御旅所で“七度まいり”をする苗子と偶然再会し、自分が双子であったことを知るのです。
産みの両親は苗子が幼い時に亡くなっていて、苗子はひとり、つつましやかに山の仕事に勤しんでいました。
千重子は苗子を不憫に思い、両親に一緒に住まわせてほしいと相談し、優しい両親は喜んで快諾します。
しかし、苗子は千重子との身分の違いと、世間の目を気にして、好意を遠慮してしまうのです。
ただ一度だけ、千重子の家へと人目を忍んで夜遅く泊まりに来ますが、翌朝早くに千重子をゆりおこし、「お嬢さん、これがあたしの一生のしあわせどしたやろ。人に見られんうちに帰らしてもらいます。」と帰って行きます。
「また、来とくれやすな。」という千重子の言葉には首を振り、見送る千重子を振り向きもしないで――。


20101107013812c3c[1]
〈物語の舞台である北山杉の村は、京都市街の西北約20kmに位置する北山地方、現在の京都市北区中川を中心とする地域〉


現実にはあり得ない話の内容と偶然の連続です。
三流の少女マンガだってもう少しマシなあらすじを考えます。
一歩間違えれば、陳腐な京都案内になりかねず、通俗小説と批判する人も出てくるでしょう。

初出は、1961年10月から1962年1月までの107回にわたり『朝日新聞』に連載され、同年、単行本として出版されました。
単行本『古都』のあとがきで、川端康成は語っています。
長年服用していた眠り薬が、『古都』執筆中には濫用状態となり、連載が終わったのを機に服用をやめた。すると、たちまち激しい禁断症状を起こして緊急入院し、10日間ほどの意識不明に陥った。
「私は毎日『古都』を書き出す前にも、書いているあいだにも、眠り薬を用いた。眠り薬に酔って、うつつないありさまで書いた。眠り薬が書かせたもようなものであったろうか」。そして『古都』を「私の異常な所産」と位置づけ、読み返すのも不安で出版もためらわれた、と。


20101107013812fff[1]
〈北山杉は室町時代の初期より作られはじめ、茶の湯の流行で起こった数寄屋建築に用いられることで、生産が促されました。現在、「京都府の木」に選定されています〉


次々と挿入される京都の祭りや名所の数々ですが、その淡々と移り変わるシーンは、静かなスライド映写機で映し出されているようで、煩わしさも、嫌みも、くどさも感じさせません。

むしろ、あまりに予定調和的な物語のあらすじも、“現代のおとぎ話”、“夢物語”として見れば、読者にとってありがちな展開も納得づくの上で、小説世界に入り込めてしまうのです。
もしかすると、「うつつないありさま」で書いた作者が、そういう世界と作品の空気を無自覚に作り出してしまったのかもしれませんね。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/60-3b35d3e4
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。