--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎上 その1

2010年11月01日 00:28

炎上 監督・市川崑 1958年 大映京都

炎上0004


原作はもちろん三島由紀夫の「金閣寺」(1956年刊)。
この映画の企画が大映から市川監督にもたらされた時、監督は一旦断ったそうです。
長編小説、しかも主人公の告白体で、あまりにも観念的で・・・。
小説をそのまま映画化したとしても、小説のもつ世界観は削ぎ落とされてしまうのは目に見えていたのでしょう。
それでも撮ることになったのは、会社側の熱意に根負けしたことと、「自分の手に負えないものを何とか征服してみたいという気持ちがあった」からだとか。

炎上000001

映画化にあたり一番の問題である脚本は和田夏十と長谷部慶次が担当。まあ、市川監督の脚本と言えば妻である和田夏十しかいませんが・・・。
和田夏十も「引き受けない方がいい」と思っていたこの作品を再構築できたのには、三島由紀夫の取材ノートの存在が大きかったようです。大学ノート3冊分の取材ノートと原作から、人間本位のドラマに置き換えることに成功します。

ただ映画化はまだスムーズに進みません。金閣寺から映画化にクレームがついたのです。
舞台や小説ならまだしも、映画では世間の影響が大きすぎる、と。焦った市川監督は老師に題名の変更を提案し、ようやく了解を得ます。
ですから映画の中で、金閣は驟閣、大谷大学は小谷大学(古谷大学?)になってしまっているのです。


市川監督がこの作品でこだわったのは、モノクロとシネマスコープ(横長の画面)。
モノクロにこだわったのは、「火が赤くメラメラ燃えたりすると安っぽくなる。それよりは白黒の格調を狙ったほうがいいだろう」との意図から。
撮影は宮川一夫が担当しました。宮川にとって初のシネマスコープでの撮影でした。

炎上000083

当初は主役を川口浩(探検隊ですね(笑)。当時、川口浩の父親で作家の川口松太郎は大映の専務でもありました)で決めていたものの、大映の永田雅一社長が認めず、溝口健二監督の「新・平家物語」(1955年)で主演をつとめた26歳の市川雷蔵を市川監督がふと思い出し、起用するのです。

炎上000002
〈この5年後、「眠狂四郎」が当たり役になるとは想像できない繊細な演技です〉

この「炎上」が市川雷蔵にとっては、初めての現代劇になります。しかも役柄は学生で、吃音持ちで・・・。周りからは起用に反対する声も少なからずあったとか・・・。
しかし、この作品でキネ旬やブルーリボン賞の主演男優賞を獲り、市川雷蔵はトップスターの地位を名実ともに確立するのですから、市川監督の慧眼には恐れ入りますね。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/55-77f57b68
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。