--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめん その1

2010年10月23日 00:51

ごめん 監督・冨樫森 2002年

ごめん DVD


まあ、よくもここまでリリカルなかわいい恋物語が描けたものです。
物語は、主人公の精通(!)から始まっているのにね(笑)。

原作は、ひこ・田中著の同名小説『ごめん』(1996年、偕成社)です。



大阪の小学校に通う6年生のセイこと七尾聖市(久野雅弘)。
祖父母の住む京都上賀茂の漬物屋にお使いに行った際、偶然居合わせた気の強そうな女の子に一目惚れをします。
それが中学2年生のナオコこと瓜生直子(櫻谷由貴花)でした。

ごめん000090

そしてセイは初恋と時を同じくして、クラスで初めて「おとな」にもなっちゃうのです(映画の中では・・・「おしる」!! 小説では「大事な大事な素」っていう・・・アレが出ちゃったのでした(笑))。

漬物屋で耳にした「ウリュウ」という名字を頼りに電話帳で家を調べたり、漬物屋のおばちゃんに聞いたりしてたどり着いたのは喫茶店。
ナオコは喫茶店を営む父親(斎藤歩)とふたり暮らしで、商売に熱心でない父親を手伝うエライ中学生なのです。
年上の女の子を好きになった葛藤と、勇気を出して告白したにもかかわらず年下だからと相手にされない虚しさ・・・。

ごめん000115

つれないナオコを振り向かせようと喫茶店に通ったり、忘れたマフラーを返してもらうために海遊館でデートをしますが、
そもそもナオコにとっては恋そのものに関心すらないのです。

セイに残されたのは年齢と距離を乗り越える情熱のみ!

年明けの剣道の稽古始めの日、衝動的に友人であるキンタ(佐藤翔一)の自転車で、京都までの道のりを走ってナオコに会いに行きます。
しかしナオコは、店をたたむ父親とともに父親の故郷である延岡に帰る決心をしていて・・・。

ごめん000109





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/45-8fe72b29
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。