--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞妓はんだよ全員集合!! その1

2014年02月05日 00:58

舞妓はんだよ全員集合!! 監督・渡邊祐介 1972年 松竹

①WS000393_R


1967年から1975年にかけて作られたザ・ドリフターズの映画は21作。そのうち京都を舞台にしたのが、15作目の「舞妓はんだよ全員集合!!」でした。同時上映は「男はつらいよ 寅次郎夢枕」。

あらすじは、癖のある祇園町の鼻つまみ5人が、やくざ組織をやっつける痛快劇なのですが、たいして脚本は面白くは・・・なし。

見どころは、舞妓を演じる加藤茶の熱演と、芦屋雁之助、西川きよし、岡八郎ら、関西芸人とドリフターズとの絡み、そして伴淳三郎の味のある存在感といったところでしょうか。

⑬WS000321_R
〈ひな子に言い寄るサラリーマン役に西川きよし〉

⑭WS000560_R
〈ヒデオが刀を売りに行く古物商店主に岡八郎〉


幕末の英雄の子孫を名乗るドリフターズのメンバーが演じるのは・・・

置屋「いかり家」の婿養子で、道楽として競馬のノミ屋を営み新選組・近藤勇の末裔と称する長介(いかりや長介)。

②WS000184_R

桂小五郎の子孫を詐称し、日舞の師匠でありながら、三味線用の猫を捕まえて糊口をしのぐ猫さらいの忠次(荒井注)。

③WS000606_R

祖先は鞍馬天狗で競馬の予想屋をしている・工作(仲本工事)。

④WS000377_R

西郷隆盛の子孫で工作の手伝いをしている風太(高木ブー)。

四条大橋下で空腹で寝ているところを長介に拾われた女装癖のある月形半平太の子孫・ヒデオ(加藤茶)。

⑤WS000260_R





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/396-2e2222c2
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。