--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ハリウッド その1

2013年12月10日 22:34

ザ・ハリウッド 監督・野村惠一 1998年


1 WS000294_R

秋の季節に思い出す一作。2011年3月に亡くなった野村恵一監督の映画と京都への思いが詰まった作品です。

舞台は、京都の白川今出川にあるビデオレンタル店「ハリウッド」。

2 WS000118_R

そこでアルバイトをする、国籍も映画の好みも違う二人の友情を中心に、映画によってつながっていく人々との触れ合いが、あたたかく描かれています。ビデオ店を舞台にした日本版「ニュー・シネマ・パラダイス」とでも言いましょうか。

本作品は、世に知られていない佳作中の佳作にして、出演者もほとんど無名の人ばかり。そして映画のタイトルも一見、インパクトに欠ける題名なのですが・・・野村監督のかつての日本のハリウッド・太秦、映画への愛情はひしひしと感じることが出来るのです。


主な登場人物は、

ビデオレンタル店「ハリウッド」に、新しくアルバイトとして入ってきた大槻次郎(喜多見英明)。高校生の時、自殺しようと遺書を書いたが、テレビで見たジャッキー・チェンの『プロジェクトA』の自転車シーンがあまりにおもしろすぎて、遺書を破り捨てたら「何だこんなものか」と思って電車に乗って家を飛び出してきたという、アクション映画好きの家出少年。

3 WS000084_R

同じビデオ店の先輩には、ロバート・スペンサー(マイケル・タバート)。ロンドンの映画館で見た小津安二郎の『麦秋』の世界にあこがれて、日本にやってきた留学生。しかし、「映画の中の日本はどこにも見つからなくて・・・」と嘆きながらも、映画への思い入れはひとしおの真面目な青年。

4 WS000185_R

店長の高岡(竹橋団)は『フィールド・オブ・ドリームス』のケビン・コスナーに憧れて、脱サラして好きだったビデオ店を始めた。しかし、「ケビン・コスナーには嫁さんついて行ったけど、俺には嫁さんも子どももついてきてくれなかった」と。
5 WS000113_R

映画はそれぞれ違うものの、映画によって人生を変えられた3人なのです。


本作『ザ・ハリウッド』の所々でモノクロ映像として挟まれるのが、ロバートが京都の街なかで、人々に好きな映画を聞き、それに応えるインタビュー集。

6 WS000311_R

人々の口から語られるのは、コーエン兄弟の『ミラーズ・クロッシング』、ジョン・カサヴェテスの『アメリカの影』、溝口健二の『残菊物語』、成瀬巳喜男の『浮雲』、ジャンギャバンの『望郷』、『幸せの黄色いハンカチ』、『風と共に去りぬ』、『魔女の宅急便』、『スターウォーズ』・・・と、誰もが知る名作から、懐かしのチャンバラ、SF、アニメと様々。しかし、その人にとっては、劇中の次郎にとっての『プロジェクトA』や、ロバートの『麦秋』、店長の『フィールド・オブ・ドリームス』のように、かけがえのない作品に他ならないのです。


次郎が最後に呟く「金がなくても、こんなにたくさんの夢があれば、人生結構楽しくやっていけるよな」の言葉が、映画の持つ魅力を表しています。





コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/393-63e5193b
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。