--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩屋山志明院 その1

2013年08月12日 19:03

賀茂川の上流、北区雲ケ畑にある志明院(金光峰寺)。
号は岩屋山で真言宗系の単立寺院です。

2 DSC04219_R

白雉元(650)年に役行者が創建し、天長6(829)年に弘法大師が淳和天皇の命により再建したと寺伝では伝え、
本堂にある不動明王像は空海の開眼で、根本中院(奥院)には菅原道真の手彫りと伝える眼力不動明王像を安置。

幾多の兵火や火災で、山門を除くほとんどの伽藍が消失しましたが、境内には、歌舞伎『鳴神』で有名な鳴神上人が龍神を閉じ込めたとされる護摩洞窟など修験道ゆかりの史跡が残っています。

歌舞伎『鳴神』とは・・・
朝廷に恨みを持っていた志明院の鳴神上人が、雨を司る竜神を滝壺に封じ込め、都は干ばつ。朝廷は“雲の絶間姫”という美女を遣わし、色気に勝てなかった上人が酒に酔った際に竜神を解き放ち、雨を降らせた。


4 DSC04236_R
〈寺務所(本坊)と山門〉

拝観料は300円で、山門より上の境内は写真撮影禁止ですが、苔むした石段や、巨石からなる護摩窟や神降窟は圧倒的な存在感。

伽藍は明治以降と新しいものばかりですが、まわりの鬱蒼とした森が醸す怪しげな雰囲気は、往時の面影そのままです。

鴨川の水源であることから、いにしえより皇室の勅願所として崇敬を集め、かつては一帯の山林を所有し、明治まではその寺有林の収益で運営が賄われ、勅願寺の権威を守るため、民間の寄進を拒否し、賽銭をあげることも許されなかったのだとか。

4月下旬には京都市の天然記念物である石楠花が境内を彩ります。


志明院 左_R志明院 右_R
〈竹村俊則著『新撰京都名所圖會』より〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/391-b65a76b1
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。