--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚構大学 その1

2013年05月26日 21:33

虚構大学 著者・清水一行 1979年

13052601 _R


「はじめのうち、それは計画……と呼べるような代物では、すくなくともなかった。」(本文冒頭より)

神官の養成を行う伊勢大学の講師兼課長だった深間芳樹と大隈武雄は、学生運動で混乱する文教界を憂い、日の丸を押し立てた大学づくりを夢想する。そこで協力を求められたのが、大隈と知己だった40歳前の千田孝志。千田は、鳥取県倉吉市内にある私立東伯高校の理事長を務めていた。

伊勢に呼び出された千田は、深間から「国公立大学のなかで、もっとも教育が乱れているのが京大だ。学生だけではなく、教職員までが一緒になって赤い旗を押し立てている。だから京都に正統な大学をつくらなければならないんです。京都は日本人の心の故郷でもありますからね」と“自由経済大学”の建設計画を打ち明けられる。

公認会計士だった千田は、最初の妻との離婚ですべての仕事を投げ出し郷里・福岡を出て、新しい妻・友子の生まれ故郷・倉吉で6年前に東伯学園の新設を成し遂げていた。大隈は千田の実務家としての手腕を買ったのだ。

当時、大学の多かった京都では、新左翼系の学生運動が盛んな大学か、宗教関係のひもつきの大学ばかり。そこで「民族意識を貫き、赤い旗を拒否する大学」「公正中庸を貫く綜合大学」が必要と、千田に協力を請う。

しかし、大学の設置場所、規模、学長はもとより、資金計画すらない雲を掴むような夢物語。

次第に設立予定大学の基本構想と、具体的な計画がまとめられ、学長候補者には右寄りの憲法学者・矢吹崇文博士を迎えようとするが、新大学の開設は、矢吹博士が勤める京都大学の定年退官前で、招聘は頓挫。

そこで代わりに“お雇い学長”として白羽の矢が立ったのが、元京大理学部教授で宇宙物理学者の天野恒道。

初対面で豪華絢爛な人脈を披露し、二億や三億の金はとるに足らないと豪語した天野だったが、発起人集めや資金調達に大言壮語の天野の人脈をあてにするも、全く計画ははかどらない。

大学の建設用地の確保や資金調達が思うように進まない中、次第に当初の呼びかけ人だった深間と大隈は計画から離れる。

最初は「協力してくれるだけでいい」と言われ、しぶしぶ付き合わされていた千田だったが、この酒乱で、魁偉で、自我意識の強い老宇宙物理学者に振り回され、しかも天野の知人からは、「いかがわしい“学校屋”」と蔑まれ、計画から手を引こうとする。

しかし「断念しないでもらいたい。(中略)ぼくの妻は恩師の娘で、その恩師は京大の総長までつとめた人なんでね。これでもし計画が潰れてしまったら、ぼくの人生で遂にただの一度も、妻には頭が上がらず、尊敬をかち得なかったことになってしまう。(中略)なんとかぼくを学長にしてもらいたい」と天野は千田の翻意を懇願し、倉吉まで訪れた天野の熱意に負け、千田自身も男の意地として大学を作り上げることに奔走する・・・。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/389-7df24507
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。