--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西陣心中 その3

2013年05月21日 17:48

織屋の年に一度の晴れ舞台、着物の展示会で、来場者にゆみを紹介する吉田。

WS000499_R_20130521162749.jpg

一方、その後もしつこくゆみを誘う宮崎。「今度すっぽかしたら堪忍袋の緒がプッツンやで」と。
しかし、その日、ゆみは博之と琵琶湖に写生に来ていて、「もう帰ろう」という博之に、ゆみは「今日は帰りたくないの」と博之を誘う。

WS000511_R.jpg

ゆみに結婚を申し込む博之だったが、その夜遅く帰ったゆみに吉田夫妻は縁談の話をすすめる。

着物展示会で会った御曹司・水川(松川勉)に見初められ、ゆみは気の進まないうちに見合いをすることになった。

西川に相談するが、西川からも「嫁に行け」と言われる。しかし、ゆみは織物の仕事を一生続けたいと打ち明ける。

WS000544_R_20130521162753.jpg
〈東本願寺前の噴水〉

ゆみが水川とドライブに行った途中、事故を起こし、水川だけが重傷を負う。
WS000571_R.jpg
〈水川が事故を起こしたのは、かの有名な“鳴滝トンネル”〉

機を織っているゆみに、話があると訪ねてきた宮崎。二度もすっぽかされた腹いせもあり、「お前みたいな女な、ここに置いといたら西陣全体の恥さらしになるんじゃ」と怒鳴る。

WS000586_R_20130521162757.jpg

宮崎を突き倒すゆみ。打ち所が悪かった宮崎は血を流しながら逃げ惑い「あの女、ただもんちゃうで」と吉田夫妻にゆみの素性を暴露する。

WS000608_R.jpg

過去がばれ、家を出ていこうとするゆみを罵倒する、はま。そこに博之が来て「俺とゆみちゃん、結婚させておくんなはれ」と懇願する。

WS000614_R.jpg
〈はまは茫然の顔で、「かわいそうに博之。お前までがこのおなごに魅入られてしもうて・・・」〉

宮崎への傷害で拘留されていたゆみを迎えに来た西川。その西川に「お風呂へ入りたいわ」と旅館に誘うゆみ。

WS000650_R.jpg

真面目な西川は、「一人にしないで」と言うゆみの誘いを断り、必ず更生させると西川の家に一時身を寄せることとなる。
しかし、駅で西川がトイレに行っている隙に、ゆみの姿はなくなる。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/387-f501b3f1
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。