--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西陣心中 その1

2013年05月21日 17:47

西陣心中 監督・高林陽一 1977年 ATG


惜しくも昨年亡くなった京都を代表する映画監督・高林陽一。
高林監督の代表作の一つが、この『西陣心中』です。

WS000951_R.jpg

高林作品の代名詞ともいうべき“土俗的京都”の雰囲気を感じさせる一作で、なんといっても『西陣心中』というタイトルが京都人にはたまりません。

WS000124_R_20130521155952.jpg
〈町家の屋根瓦をアップに映し出すのも、高林的〉

ただ、久しぶりに観ましたが・・・こんなにも凡作だったかな。

『本陣殺人事件』(1975年、ATG)、『金閣寺』(1976年、ATG)を経て、商業映画監督へと脱皮するかと思いきや、この『西陣心中』。
やはり高林監督の生涯は(いい意味でも、悪い意味でも)、偉大なる自主映画監督でしかなかったのかもしれません(『蔵の中』(1981年)や、『雪華葬刺し』(1982年)の世界観は素晴らしいのですが)。


高林監督はこの映画の舞台となった西陣で育ち、父親が有名な着物デザイナーであったともいいます。おそらく、監督作品の中でも思い入れの大きかったのが、この『西陣心中』なのでしょうが、その思い入れが災いし、ストーリー展開をなぞるだけのチープな通俗作品とも受けとれます。
また高林監督は原案・撮影・監督の三役をこなしていますが、追い詰められた男女がビルから飛び降りるラストシーンは、おそらく原案の段階から思い描いていたのでしょう。作品自体がこの印象的なラストシーンに向かう流れありきで、ストーリーが予定調和的に展開してしまっているのが、残念なのです。

WS001000_R.jpg

脚本は、名脚本家の高田宏治が担当していますが、やくざ映画やアクション映画では定評があるものの、『西陣心中』のように高林が志向する文芸的(芸術的?耽美的?)作品の脚本家としては、少々不似合でしたね。
むしろ、この時に『蔵の中』や『雪華葬刺し』で脚本を担当した桂千穂とコンビを組んでいれば、もう少しスムーズな展開になったのかな、と・・・。


とはいっても、配役の妙は、さすが高林監督でした。

関わる人々を、知らず知らずのうちに破滅へと追いやる主人公・野沢ゆみを演じた島村佳江の“魔性の女”ぶりが、魅力的。

WS000163_R.jpg

ゆみの相談役となる、人のいい刑事・西川には、名古屋章。

WS000637_R.jpg

デートクラブ(デートクラブという言葉が、昭和!)のママ・とよには、三原葉子。
とよの愛人には、この頃の高林作品の常連でもある中尾彬(眼帯姿が、演出なのか、本当に物もらいを患っていたのかわからないところが、この頃の低予算映画の魅力でもあります(苦笑))。

WS000299_R.jpg

そして、ゆみの知られたくない過去をネタに言い寄る、あこぎな宮崎には成田三樹夫(見事なソリコミ!)。

WS000444_R_20130521155958.jpg

ゆみの相手役・立野博之は光田昌弘が演じていますが、『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督、1980年)では医学生・河本を好演し、『幻の湖』(橋本忍監督、1982年)では、琵琶湖大橋で主人公・道子(南條玲子)に刺される作曲家・日夏を迷演(『幻の湖』という作品自体が、迷作ですので迷演になるのも仕方がない)。

WS001010_R.jpg




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/385-efd6da0b
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。