--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉体の盛装

2012年12月13日 22:43

肉体の盛装 監督・村山新治 1964年

WS001387.jpg


『肉体の盛装』(東映、監督・村山新治 1964年)は、新藤兼人の名脚本で撮影された『偽れる盛装』(大映、監督・吉村公三郎、1951年)のリメイクです。

これほど忠実に焼き直している作品も珍しい。

WS000436.jpg 〈四条大橋〉

前作品と本作品との甲乙は、むしろ監督の手腕云々よりも、配役や時代性で付けたいところですが・・・個人的には吉村監督の『偽れる盛装』のイメージが強すぎ、後発の『肉体の盛装』は影の薄い作品となってしまっています。

主演・君蝶役の佐久間良子も艶やかでいいのですが、『偽れる盛装』での京マチ子の気の強い芸妓を演じる名演には及ばないか・・・。

WS000655.jpg
〈君蝶が色仕掛けで落とす伊勢浜役には山茶花究。この人はもっと端役の方が、キャラがいきるのに・・・〉

とはいえ、秀逸な脚本をなぞったこの『肉体の盛装』も佳作と呼べるレベルには達していますので、一見の価値あり。

WS000458.jpg

この時代のカラー作品は『古都』(松竹、監督・中村登、1963年)同様、京都の町を鑑賞するには、とてもおもしろい時代です。

ただ、『古都』が原作発表から2年経っての映画化で、原作の世界観を忠実に映像に移しているのに比べ、
『肉体の盛装』は前作から13年後と微妙に時間が経ち過ぎていて、因習漂う花街の世界観を崩さずにリメイクするにはギリギリの年代か・・・少し手遅れだったか・・・、むしろカラー作品がその世界観を壊してしまったか・・・。
開業したばかりの新幹線が登場するのも、ちょっと興ざめな感じがしないでもなく。


WS000408_20121213013717.jpg 〈木屋町〉

君蝶の妹・妙子には富司純子。その恋人・孝次には江原真二郎。
配役の賛否はともかく、間違いなく『偽れる盛装』の妙子役・藤田泰子よりも、富司純子の方が華があるのは否めないですね(苦笑)。

WS000911.jpg
〈妙子が友人の雪子と語らうのは、レストラン菊水の屋上〉

WS001250.jpg
〈君蝶を斬りつける山下役には西村晃。切羽詰まった表情の独特の濃いメイクが東映作品であることを物語っています(苦笑)〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/384-71ebd295
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。