--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下鴨神社(賀茂御祖神社) その2

2012年04月21日 20:40

①DSC00328 〈総門〉

高さ30メートル。境内の建物はこの総門も含めて、21年ごとの式年遷宮で造替されていましたが、寛永年間以降は解体修理で保存されています。

②DSC00334 ③DSC00336

④DSC00364 ⑤DSC00366


⑥DSC00357 〈舞殿〉

賀茂祭(葵祭)のとき、勅使が御祭文を奏上する場所。

⑦DSC00359

御所が災害にあったときは、臨時の内侍所と定められていました。


⑧DSC00347 〈神服殿〉

御神服を奉製する御殿。古代祭祀の神殿様式。開かずの間として伝えられ、御所が災害にあった際は臨時の御座所に。


⑨DSC00349 〈供御所〉

御殿の中は、東、中、西の三間に分かれていて、東と西は調理場、西は神官などが参集し直会(なおらい)、勧盃(かんぱい)の儀などを行ったのだとか。


⑩DSC00443 〈比良木社〉

「比良木社」のまわりの木は種類を問わず、どれもが柊のようにトゲトゲの葉になる「何でも柊」も七不思議の一つ。

⑪DSC00456

灯籠の火袋にも柊の葉がかたどられています。


⑫DSC00373 〈御手洗川と輪橋〉

⑬DSC00386 〈井上社(別名、御手洗社)〉

葵祭での賀茂斎王代禊の儀や、足つけ神事でも有名。

⑭DSC00387

土用になると御手洗池から清水が湧き出ることから、七不思議の一つに数えられています。この水泡をかたどったものが、みたらし団子です。


⑮ DSC00399 ⑯DSC00401


⑰DSC00403 ⑱DSC00408
〈拝殿〉




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/377-e590cca1
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます



    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。