--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先斗町 十五大明神 その1

2012年02月12日 22:04

先斗町 十五大明神

DSC04397.jpg


「富士の高嶺に降る雪も~京都先斗町に降る雪も~」の『お座敷小唄』でお馴染み、先斗町(ぽんとちょう)。

DSC04929.jpg

北は三条通一筋南から、南は四条通までの南北500メートル。東は鴨川から西は高瀬川までの東西50メートル。
とにかく南北に細長く、雨の日は人がすれ違うのも難儀する細い道を中心としたここが、京都の誇る花街の一つです。

DSC04426.jpg

この町が出来たのは鴨川の大規模な改修工事が行われた、寛文10(1670)年。

鴨川と高瀬川に挟まれた町の形状が、細長くて“先端”のようであったから「先斗」と名づけられ、「ぽんと」という珍しい読み名は、

ポルトガル語の「先」をあらわす「ポント」(英語では「ポイント」)をもじって・・・だとか、
鴨川と高瀬川の間にある「堤(つつみ)」のような形から、「鼓(つづみ)」にひっかけて、鼓の音が“「ポン」と”鳴ることから・・・だとか、
鴨川の「かわ」つまり「皮」と、高瀬川の「皮」に挟まれた町を「鼓」にたとえて・・・など諸説。

どちらにしても、のちに花街となる町の名としては、粋な命名のされ方ではありました。

DSC04414.jpg

先斗町に初めて水茶屋が設けられたのが正徳2(1712)年の頃で、高瀬川を行き来する高瀬舟の船頭や旅人のための旅籠が建ち、旅籠には茶立女(遊女)が置かれ、文化10(1813)年には公に芸妓渡世が認められます。
鴨川を隔てて東にある祇園とならぶ花街となるものの、格式張った祇園に対して、先斗町は庶民的な雰囲気を残し、幕末には多くの浪士が遊興にふける姿も・・・。

DSC05311.jpg

ちなみに、先斗町の中ほどにある駐車場や公園は、太平洋戦争中の強制疎開によって削られたときの名残です。

DSC05257.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/374-09f8ff14
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。