--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

廬山寺 その1

2012年02月03日 23:43

廬山寺

DSC05116.jpg


廬山寺(ろざんじ)の大師堂で毎年2月3日に催される追儺式「鬼法楽」は、京都で最も有名な節分行事の一つ。通称は「鬼おどり」。

DSC05126.jpg

これは廬山寺の開山・元三大師(がんざんだいし)が村上天皇の時代に宮中で三百日の護摩供を修したとき、人間の善根を毒する三匹の鬼が出現し、その鬼たちを独鈷、三鈷の法器で退散させたという故事によるもの。
鬼を節分に追い払うことで、福寿増長を祈念し、一切の悪疫災難を払います。


元三大師こと良源(延喜12(912)年―永観3(985)年)は、第18代天台座主をつとめた人物。当時の宗教界に君臨する比叡山延暦寺の最高位として荒廃していた伽藍を復興し“比叡山中興の祖”と現在に至るまで尊ばれている僧侶ですが・・・

永観2年に都に疫病が流行り、元三大師の元にも疫病神が近づいてたとき、角を生やした鬼に変身して追いやった・・・おみくじを創始した・・・など、様々な逸話を持つ人物。

角大師
〈元三大師が鬼に変身した姿をあらわす「角(つの)大師」の護符。玄関に貼ればすべての災厄から守られる〉

命日が正月の三日であったことから「元三大師」とよばれました。


廬山寺の正式名称は、廬山天台講寺。

DSC05028.jpg

現在の廬山寺は御所の東、寺町通に面して建っていますが、移転してきたのは豊臣秀吉の天正の区画整理によって。
もともとは、船岡山の麓に廬山寺の前身「与願金剛院」として天慶元(938)年に創建。寛元3(1245)年には覚瑜(かくゆ、浄土宗の開祖・法然の弟子)が出雲路に「廬山寺」を開き、二ヵ寺を統合し四宗兼学(円・浄土・戒・密)の寺院として栄えます。
しかし応仁の乱で、ほかの都の寺院同様焼失し、天正元(1573)年に現在地に移ってきたのでした。

DSC05063.jpg

ちなみに、その後も天明の大火(1788年)に遭い、現在の本堂は寛政6(1794)年に再建したもの。


廬山寺
廬山天台講寺は浄華院の南にあり、宗旨〔天台、律、法相、浄土〕兼学なり。開基は慈恵大師にして、与願金剛院と号し、中興は住心上人なり。一日化人来つてわれは唐の恵遠法師なりとて、廬山の二字を書し住心和尚に与ふ、故に廬山寺と改む。本尊は元三大師自作の像なり、南の壇上には薬師仏を安ず。〔聖徳太子の作なり、世に小屋の薬師と称す〕北の壇上には聖観音を安ず。〔伝教大師の作なり。世に船来迎観音と称す〕当寺の什物に法然上人自筆の選択集あり、又親鸞上人自筆の四句の文あり。〔是六角堂観世音より授与し給ふ四句の偈文なり〕
〈安永9(1780)年刊行の『都名所図会』より 廬山天台講寺〉

DSC05107.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/371-ab385f4a
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。