--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊野大明神(法雲寺) その1

2012年01月22日 23:56

菊野大明神(法雲寺)

DSC05835.jpg


京都で最も縁切りの霊験があるとされるのが「菊野大明神」。
河原町二条を上がった法雲寺という浄土宗の寺の中にあり、“知る人ぞ知る”縁切り祈願の祠です。

大明神とはいうものの、祀られているのは「菊野さん」とよばれる自然石。

DSC05838.jpg

今の法雲寺は本堂の東に庫裏、そして庫裏のさらに東に「菊野大明神」があるだけの閑散とした寺域となっています。

DSC04541.jpg
〈まわりには高層マンションが建ち並び、境内も駐車場と化し、かなり経済的に厳しい状況をうかがわせる〉

DSC05846.jpg

もともとこの場所は、正暦元(990)年に関白太政大臣・藤原兼家が邸宅を寺に改めて創建した法興院があったところ。その後、兼家の私寺は廃絶し、邸宅の池水の跡の泉だけが残っていましたが、そこに永禄10(1567)年、源蓮社清善という僧侶が草庵をむすび、さらに元和元(1615)年に堂宇が建立され伽藍が整ったのが法雲寺の始まりとされています。

DSC04545.jpg
〈本堂は火災により焼失後、文化15(1818)年に再建されたもの。屋根瓦には獅子の他に、めずらしく金剛力士像が備え付けられている〉


DSC04550.jpg

「菊野さん」は明治の初めまで、中京区東洞院三条角にあった曇華院という寺の前に祀られていました。婚姻の行列は、この石の前を避けて通るほど、有名な石だったようです。


さて、「菊野さん」へは・・・、

DSC05847.jpg

庫裏に入ると、「菊野大明神へご参拝の方は、ローソク、線香を二本ずつお供えしてください。お代は百円です」と書かれ、香灯代入れの箱が置かれています。

DSC05849.jpg

そして庫裏を抜けると、東庭があって、その一角にお堂というよりも納屋風の建物があり、その中に目当ての菊野大明神が祀られています。

DSC05879.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/362-4d429470
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。