--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

染殿院

2012年01月22日 23:54

染殿院

DSC05903.jpg


京都で雰囲気のいい寺といえば・・・この染殿院(そめどのいん)は、その一つ。
といっても、本堂があるだけの至極狭い、路地奥にたたずむ小寺ですが。

染殿院があるのは京都一の繁華街のさらに一等地、四条通と新京極通の交わるところ・・・とはいえ、界隈を歩く人びとからも残念ながら見過ごされてしまっています。

DSC05924.jpg
〈四条通りの林万昌堂の前に建つ「染殿地蔵尊」の碑〉

それもそのはず、四条通から入ろうとすれば、甘栗の老舗「林万昌堂」さんの店内を通らなければならず、新京極通の入り口はわずか人ひとりがようやく通れるかどうかというくらいの狭い入り口なのですから。

DSC05894.jpg
〈新京極通の入り口〉

しかし、一歩境内に足を踏み入れると、境内そのものの狭さも相まって日中でも薄暗いなか、列べられた提灯の灯りがなんとも幻想的。まわりの買い物客の喧騒をよそに、異世界へ突如迷い込んだような不思議な感覚にもなるのです。

DSC04584.jpg


そもそも染殿院は、“四條道場”とよばれた時宗・金蓮寺(こんれんじ)の塔頭で、本寺である金蓮寺が昭和3(1928)年に京都郊外の鷹峯に移転した後も現在地にとどまり、“知る人ぞ知る”安産祈願の寺として崇敬を集めつづけてきました。

DSC05900.jpg


天正年間に行われた豊臣秀吉の区画整理で、市中に散在していた寺院が現在の寺町通に沿って集められましたが、現在の新京極周辺は浄土宗(西山派)の誓願寺と時宗の金蓮寺(四條道場)という二つの大寺院の境内地でした。

DSC05915.jpg

ところが明治になり都が東京に移った際、沈滞した京都市民を元気づけるために当時の京都府参事・槇村正直(後の京都府知事)が明治5(1872)年に歓楽街をつくることを計画。その場所として目をつけたのが、誓願寺や金蓮寺の参拝客目当ての見せ物小屋が建っていた現在の新京極だったのです。


名所図会 四条道場
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 祇園御旅所 四條道場〉

染殿院の歴史は古く、大同3(808)年に弘法大師空海により開かれました。唐で修行を終えた空海が「十住心論」をこの地で清書調巻したことから十住心院とよばれます。

名所図会 染殿院
十住心院は四条道場の南口にあり、真言宗にして、本尊地蔵尊は弘法大師の作なり、染殿皇后常に尊信ありて当院を建立し給ふ、故に染殿地蔵と称す。〔額は染殿と書して僧正賢賀の筆なり〕
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 十住心院〉

その後、釈迦院、敬禮寺、清和院釈迦堂・・・と様々に呼び名が変わるものの、本尊の染殿地蔵により、染殿院として現在は親しまれています。


DSC04596.jpg
〈境内より林万昌堂の店内を通して眺めた四条通〉

染殿院が安産祈願の寺たる由縁は、文徳天皇(在位850年~858年)の后(染殿皇后)がこの地蔵に安産を祈って清和天皇を産んだことから。

DSC04607.jpg

本尊の染殿地蔵は秘仏で開帳は50年に一度。高さ2メートルあまりの裸形立像という大変珍しい地蔵菩薩で、さらに面白いいわれも・・・。
室町時代の暦応2(1339)年に夢窓国師が松尾の西芳寺を再興し、庭園を造っていた時。
築山をつくろうと国師自ら庭造りに精を出していましたが、どうしても石が重くて動きません。そこに不思議な法師があらわれ、石を軽々と動かしはじめ、国師の思い通りの庭が完成します。
喜んだ国師が法師の素性をたずねると、「四条あたりの者」とだけ答え、国師はお礼に袈裟を与えると、その不思議な法師は錫杖をその場に残して姿を消してしまいました。
その後、夢窓国師が四条に托鉢に出かけ、たまたま四条京極の染殿地蔵に詣で、本尊の扉を開けてみると、地蔵菩薩の肩にはお礼に与えたはずの自分の袈裟が掛かっていて、手には錫杖はなく、あの時の不思議な法師はこの地蔵尊の化身であったことを悟り、大いにありがたがった・・・という話です。ちなみにその時の錫杖は今も西芳寺の南地蔵院に残されているのだとか。

DSC04605.jpg

現在の染殿院の建物は、元治元(1864)年の蛤御門の変(禁門の変)で生じた“どんどん焼け”で焼失した後に建てられた仮堂だそうです。

DSC04610.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/361-b102c44b
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。