--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愉快な極道 その1

2011年11月06日 21:34

愉快な極道 監督・山下耕作 1976年


若山富三郎・・・いえ、若山“センセイ”の魅力が満載の隠れた傑作!

WS000111_20111022181739.jpg


東映では1968年から、若山富三郎を主演とした大阪が舞台の「極道シリーズ」(全11本)を制作しますが、当初は一般的なヤクザ映画としてつくられたこのシリーズも、早々にコメディタッチの映画となり1974年には、いったん終了。

そして、『愉快な極道』は「極道シリーズ」の路線を受け継いだ作品として、京都を舞台に1976年につくられた・・・ギャグあり、アクションあり、シモネタあり、そして随所に人情味も垣間見せるコメディ映画なのです。
なんといっても見どころは、若山センセイのコミカルな演技と、恰幅のいい40代半ば過ぎとは思えない軽快な体を張ったアクション。

WS000791.jpg

世間では、晩年の若山富三郎をして強面で重厚な演技の役者・・・というイメージが強いのでしょう。
それに対して「極道シリーズ」や、この『愉快な極道』は、彼の世間でのイメージから離れていることもあって評価が高くない上に、語られることも少なくDVDにもなっていません。
しかし、若山センセイがこれほどまでにチャーミングな役者だったのかと改めて再認識させられる一本なのです。

WS000910.jpg


『愉快な極道』は出演者も多彩。

主題歌『俺は流しの運転手』を歌う北島三郎は、若山センセイが勤める「京聯タクシー」の若い運転手。そして若山センセイの娘と密かに恋仲になっているという役どころ。

WS000893.jpg


若山センセイに、ことあるごとにイチャモンをつける西山組の若い連中には、劇団畑出身の石橋蓮司をはじめ、東映ピラニア軍団に代表される岩尾正隆、松本泰郎、片桐竜次、笹木俊志ら。

WS000465.jpg


理髪店の未亡人で隣の家に住む若山センセイを密かに狙っているのが、春川ますみ。

WS000349.jpg


そして、理髪店の客で虎刈りにされたまま、放置されていたのが、志賀勝。

WS000332.jpg


さらに脇を固めるのが演技派の花沢徳衛や、殿山泰司。

WS000389.jpg


そして何故か演出家の蜷川幸雄まで・・・。

WS000820.jpg


桂三枝は病院の医者役で、「グッ!」「いらっしゃ~い」「オヨヨ」と若山センセイを相手にギャグをさんざんに披露。

WS000412.jpg


また『ひらけ!チューリップ』が100万枚を超える大ヒットとなった間寛平も、雄琴に遊びに行く本人役で登場。

WS000435_20111022180645.jpg


劇中のクライマックスでは、車の上から若山センセイの(一拍おいた)華麗な宙返りも見られます!

WS001053.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/351-86ac197a
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。