--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女必殺五段拳 その1

2011年10月17日 23:11

女必殺五段拳 監督・小沢茂弘 1976年


「青春を叩きつける」「悦っちゃんの新魅力!」「兄と妹を引き裂く・・・」「血のシンジケート!」「悦子が許さない!!」「アタック――アタック」「華麗にアタック!」「炸裂!!」「二段蹴り」「鮮烈!」「五段撃ち!」「必殺技の嵐」「新アクションの乱舞!」「痛快娯楽大作!」

えっ、なにって? この映画の予告編に流れるテロップを集めてみました(笑)。


東映実録ヤクザ映画も次第に人々に飽きられ始めた頃、東映映画にニュースターが誕生します。それが“悦っちゃん”こと「女必殺拳シリーズ」で主役を張った志穂美悦子でした。

WS001873.jpg


千葉真一率いるJACの一員としてスタントマンなしでのアクションは大いにウケ、1974年の『女必殺拳』を皮切りに、1976年に公開されたこの『女必殺五段拳』まで、計5作に主演しました。

シリーズの内容はどれも、カンフーや空手に長けた志穂美悦子演じる娘が、あるときは親、あるときは友人の敵を討つため、悪の巣窟に乗り込み戦うというもの。もちろんそこには、陰で彼女を支える男性の影・・・なんてこともあるのですが。

WS001426.jpg


さて、この『女必殺五段拳』では、志穂美悦子演じる主人公・菊は、京都室町の呉服問屋の一人娘。

WS000002.jpg

お見合いの席から抜け出して、練習に通うほどのカラテ好き。

WS000061.jpg

そして今回の敵は、国際麻薬密売組織です。空手道場の妹分・ミッチー(ミッチー・ラブ)の兄・ジム(ケン・ウォーレス)が組織の手下として、日本に潜入捜査に来た麻薬Gメンを殺害するものの、実行の際に顔を見られたと組織に消されたことから、敵のアジトに志穂美悦子が潜入するのですが・・・。

WS000444.jpg
〈右に座るのがミッチーと兄・ジム。父親が違う貧しい沖縄出身の兄妹という設定です。ジムが悪役の片棒を担いでいるのも、その貧しさから。いつかは沖縄で妹と飲食店を持ちたいと思っている、妹にとってはよき兄なのです〉


WS001106.jpg

その敵のアジトこそが、東映京都撮影所をそのまま利用した「極東映画撮影所」!!

WS001109.jpg

いやぁ、うまく考えたものです。これ以上、手軽なロケ現場はないわけですから。

WS000321.jpg

しかも日本からアメリカに麻薬を運ぶ手段は、撮影所の美術スタッフがつくった仏像の中の空洞に詰め込むというもの。
そう、撮影所のスタッフや役者の多くが麻薬密輸に関わっているという壮大な仕掛けなのです。

WS000379_20111007194644.jpg


今回、悦っちゃんを助けるのは、日本の麻薬捜査官・高木を演じる渡瀬恒彦。

WS000896_20111007194642.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/347-fa93935c
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。