--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哥 その1

2011年12月11日 02:07

哥 監督・実相寺昭雄 1972年


滅び行く日本の原風景と、それを守ろうとする不器用な青年。
高度経済成長で急激に移りゆく時代という巨人に抗おうとする、ドン・キホーテを描いた一作です。
旧家の中では莫大な財産の分配や愛欲を巡って様々な思惑が渦巻く中、その寡黙な青年は一人、ただ家を守ることだけを考えています。それが彼の唯一の生存の理由でもあるかのように。

WS000069_20111005180335.jpg
〈主人公・淳を演じる篠田三郎〉


どうしてもこの『哥(うた)』は、実相寺昭雄がATGで制作した前の二作『無常』(1970年)、『曼陀羅』(1971年)に比べると、脚本のあざとさが目についてしまって・・・。

WS000072_20111005180334.jpg
〈森山家の長男・康には岸田森〉

弁護士の仕事に没頭しながらも、親の財産の行方が気になる長男・康(岸田森)。
遊び人で、自分が生きているうちにすべての財産を使い果たそうとする次男・徹(東野孝彦(のちの東野英心))。
そして、家のためならどんな滅私奉公もいとわない、当主と召使いとの間に不義の子として生まれた三男・淳(篠田三郎)。
主な登場人物の色分けも、わかりやすすぎ(苦笑)。

WS000982.jpg
〈次男で遊び人の徹には東野孝彦(のちの東野英心)〉

そして、脚本のあざとさに加えて、主演の篠田三郎演じる淳があまりに人物としての魅力がなさ過ぎ。たとえばダメ人間でも、陰気な人間でも、極悪非道の人非人でも、何か魅力があれば映像を見る上で面白いのでしょうが、
感情を押し殺した彼のロボットを意識した演技は、見ていてイライラするほど。もはや篠田三郎という役者自身の決定的な魅力のなさなのではないか・・・とも思えるくらいです。


WS000154.jpg

舞台は、丹波篠山の旧家・森山家。一帯の山あいを所有する大地主で、年老いた当主・伊兵衛(嵐寛寿郎)は妻・ヒサノ(毛利菊枝)と、長年森山家に仕える召使い・浜(荒木雅子)との三人で静かに暮らしています。

WS000163.jpg
〈森山家の当主・伊兵衛を嵐寛寿郎が演じています〉

そして物語が進行する場所は、丹波篠山の本家から離れた京都の南丹・園部の別宅。ここでは法律事務所を営む長男の康(岸田森)が家主となり、妻の夏子(八並映子)、弁護士を目指す司法書生の和田(田村亮)、若い女中の藤野(桜井浩子)、そして書生の淳(篠田三郎)が暮らしているのです。

書生の淳が当主の子どもだという事実は別宅の人間には隠されたまま。ただ母の浜に「森山家があっての我々。森山家をお守りするように」と教育されてきた淳にとっては、森山家への忠誠心のみが、その生きる行動原理のすべてで・・・。

朝の9時から夕方5時まで、寸分の狂いもなく時間に正確に働く淳。その頑なまでの生活リズムは、康の法律事務所に突然、大物の弁護依頼が舞い込んで、家人総出で資料をつくらなくなった時にも揺るぎません。「五時以降は働きとうないんです・・・僕は五時以降は働きません」の一点張りで。
司法書生の和田が、「忙しいときに、残業して働くことは森山家のため」と諭しても、淳は聞く耳を持ちません・・・。そう、淳にとっての森山家とは“モノとしての家”そのものなのでした。

WS000405.jpg
〈左が和田役の田村亮〉

ですから、毎夜、誰からも頼まれることなく、夜中十二時になると懐中電灯片手に、広い屋敷を見回り、家を火災から守ることを日課としているのです。皆から気持ち悪がられようとも。

WS000488.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/343-b9e8df0b
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。