--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無常 その1

2011年10月03日 01:27

無常 監督・実相寺昭雄 1970年 ATG


1960年代半ばよりTBS映画部の社員として円谷プロの「ウルトラシリーズ」に携わり、そのエキセントリックな演出手法で一目置かれていた実相寺昭雄。
「ウルトラシリーズ」の後、特撮テレビドラマ『怪奇大作戦』(1968年~1969年、円谷プロ制作)の「呪いの壺」(第23話)や「京都買います」(第25話)などを監督。日本の因習にスポットを当てたり、奇抜なカメラアングルを多用したり、叙情的な登場人物の描写に徹したり・・・と、日曜夜7時というお茶の間のゴールデンタイムに似つかわしくない実験的な演出手法はまたしても健在で、同年、大島渚脚本による中編映画『宵闇せまれば』を自主制作し、映画監督としてデビューします。

そして1970年には、10年ほどつとめたTBSを退社し、映像制作会社「コダイ・グループ」を設立。ATGと提携し、長編映画第一弾となる『無常』を制作したのでした。

WS000103.jpg
〈『無常』で主役・日野正夫を演じたのは、田村亮〉

実相寺監督はその後もATGで立てつづけに、『曼陀羅』(1971年)、『哥(うた)』(1972年)、『あさき夢みし』(1974年)と計4本の映画を撮るのですが、石堂淑朗が脚本を担当した『無常』、『曼陀羅』、『哥』は、実相寺監督のATG三部作と称され、なかでも長編デビューとなった『無常』は、(観念的なテーマやタブーの連続に)作品の好き嫌いは観る人によって大きく別れるところでしょうが・・・日本映画史における最高傑作の一つに数えて、問題ないでしょう(個人的には『曼陀羅』が好きですが)。

WS000232.jpg

ちなみに『無常』は、1970年のロカルノ国際映画祭グランプリを獲得し、1970年度キネマ旬報日本映画ベストテン第4位でした。


内容は、姉と弟の近親相姦、師匠の妻と弟子との交情、義母と息子の痴情・・・と、人間不信に陥るくらいにドロドロです(苦笑)。

WS000124.jpg
〈姉の百合を演じた、司美智子〉

しかし、そのあらすじを納得させるだけの脚本、配役、役者の演技、一コマ一コマを精緻に計算し尽くしたかのようなカメラワーク・・・、何をとっても非の打ち所がありません。
クライマックスとなる、愛欲に溺れる主人公と、その姿が許せない僧侶との「極楽地獄問答」のシーンは観念的すぎるやりとりに、ややもすると観客がついていけず、白々しくなる恐れもあったのでしょうが・・・主人公・日野正夫を演じる田村亮の迫力あるセリフまわしと、やり込められ次第に恐怖に顔が引きつっていく僧侶・荻野(岡村春彦)の表情が、実に圧巻。さらに奇抜なカメラアングルを多用し、観るものを画面に引き込ませる力は“実相寺マジック”以外の何ものでもありません。

WS000530.jpg
〈田村正和の弟としての印象が強い田村亮ですが、実相寺作品では(『哥』における冴えない青年役も含め)素晴らしい存在感です〉

さらに、低予算のATGのこと。恐らく制作費を切り詰めるためのモノクロ撮影だったのでしょうが、これも陰鬱な世界観には見事にあっていました。

WS000115.jpg

上映時間143分という長さもさることながら、一筋縄ではいかない“観念的”で難しい作品ですので、今回も毎度のことながらあらすじを紹介してお茶を濁すことにします(苦笑)。
それにしても、これほどの作品が、今では手頃に見ることができないのは残念ですね・・・。

ちなみに、『無常』での主人公の役名“日野”や、『曼陀羅』に出演している岸田森の役名が“真木”なのは、『怪奇大作戦』(岸田森が演じるのはSRIのメンバー“牧”でしたが)を否が応でも想起させます。
さらに仏像、ユートピアの建設など『怪奇大作戦』で扱ったモチーフから大幅に発展させ、政治、宗教、日本の家制度・・・をテーマにした壮大な意欲作が1970年代初頭に早くもつくられていたことにも驚きです(むしろ、この時代だったからこそ、つくることができたとも言えるのですが)。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/333-5b410f41
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。