--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五番町夕霧楼 その1

2010年10月03日 22:56

五番町夕霧楼 水上勉 1962年

20101003211608027[1]


金閣寺放火事件が起こったのは、1950年7月2日未明。鹿苑寺の舎利殿である金閣が全焼し、足利義満の木像、阿弥陀如来像、観音菩薩像など計6点の文化財が消失しました。
放火したのは同寺の修行僧で大谷大学学生だった林養賢(法名は承賢)、21歳。左大文字の山中でカルモチンを飲み切腹自殺を試みますが、一命は取りとめ、逮捕されます。


この一大事件を巡ってはいくつかの小説、映画がつくられました。

小説では、三島由紀夫の『金閣寺』(1956年)と、水上勉の『五番町夕霧楼』(1962年)。
そして映画では三島作品をモチーフに、市川崑監督の『炎上』(1958年、大映京都)と、高林陽一監督の『金閣寺』(1976年、ATG)。
水上作品からは、田坂具隆監督の『五番町夕霧楼』(1963年、東映)と、山根成之監督の『五番町夕霧楼』(1980年、松竹)。
さらに水上勉はノンフィクション的小説『金閣炎上』(1979年)も書いています。

20101003211609324[1] 〈三島由紀夫『金閣寺』〉


三島由紀夫の『金閣寺』、水上勉の『五番町夕霧楼』、『金閣炎上』。この3作品は同じ事件に題材を取っていても、主眼は明らかに異なります。

『金閣寺』は、三島特有の冷徹な筆(様式美にこだわった描き方ですね)で、芸術性を指向した作品。
実際の事件を題材に、主人公の足跡も大きく崩さないという約束事は保ちつつも、あとは金閣寺のもつ「美の象徴」と主人公の吃音に代表される「コンプレックス」が事件の遠因だったということにして、三島由紀夫の明晰な頭脳にかかれば一つの芸術が、はいっ出来上がり、という作品です(いや、もちろん凄いのですよっ)。

一方、『五番町夕霧楼』は、放火事件と水上勉の京都時代の実体験とを綯い交ぜながら描かれたフィクションです。
林養賢と同じく学僧経験があり、林が通った遊郭・五番町に同じく通ったことのある水上勉だからこそ書くことの出来た作品だったと言えるでしょう。
あくまで物語の最後は寺の炎上に収斂させますが、題名にあるように田舎から出てきた遊郭での芸妓の生活と淡い恋物語。その恋の相手が、同じ丹後半島出身で幼馴染みの学僧だったというわけです。

2010100321160862c[1] 〈水上勉『金閣炎上』〉

そして、『金閣炎上』は、林養賢と少なからぬ縁のある水上(歳は10ほど離れていますが、故郷は近くの寒村同士で、ともに相国寺派で修行をし、一度きりですが、水上と林はあったこともあります)が、緻密に林の周辺を取材し、放火の動機に迫ろうとした作品です。
林の母親は事件当日、京都府大江山麓から息子への面会に赴くも、林から会うことを拒否され、失意の内に帰途につく列車の中から保津峡に飛び込んで自殺してしまいます。
また懲役7年の刑を言い渡された林は、服役中に結核と統合失調症が進行し、出所を待つことなく病死しました。
『金閣炎上』は、同じ仏門で生き、学び、苦しんだ者としての水上が、林とその母に捧げた鎮魂歌でもあるのです。






コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/33-4a548664
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。