--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹久夢二と京都 その1

2011年09月27日 00:37

竹久夢二と京都

黒船屋 〈「黒船屋」大正9(1920)年頃〉


特定の師にもつかず、美術学校にも通わなかった竹久夢二は、外国の雑誌や美術誌を切り抜き、それを手本に作画の腕を磨きました。
中でも、彼の絵を象徴するモチーフ“黒猫”を扱った一連の作品は“黒猫シリーズ”と呼ばれ、マリー・ローランサンの絵を手本にしていたのだとか。
そして、一番の代表作「黒船屋」は、当時付き合っていたお葉をモデルに、さらに亡くなったばかりの最愛の彦乃を思って描いた作品として、夢二を語る上で欠かせない傑作です。


日本近代画壇の中で、山下清とともに美術史の系譜から黙殺され、全く論じられることのない画家・・・竹久夢二。

独学で磨いた絵画技法。そして、日本画、洋画、装画に挿絵、さらには手ぬぐいや浴衣のデザインにいたるまで夢二の作品は若い女性を中心に一世を風靡するものの、その先進な表現手段ゆえ正統な画壇からは無視されつづけてきました。

山下清も竹久夢二も、中央画壇の動向なんていっこうに気にはしなかったのでしょうが・・・異端をつまはじきにしてしまうアカデミズムってなんだか陰険でつまらないですネ。

まあ、そんな批判はさておき、竹久夢二が五十年足らずの生涯のうちの二年間を京都で過ごしたというのは有名な話です。
清水の二年坂の入り口には、寓居跡が残り、その隣には夢二馴染みの甘味処「かさぎ屋」が今も営業しています。甘党の夢二はここの「しるこセーキ」が好物で、すぐ近くの高台寺門前に越してからも、恋人・彦乃と二人でたびたび通いました。

加茂川 〈「加茂川」大正3(1914)年〉


竹久夢二(明治17(1884)年)―昭和9(1934)年)は本名・竹久茂次郎。
岡山に生まれ、神戸中学校をへて、早稲田実業学校に進学。上京した理由の一つとして、画家になりたいという夢二の夢を認めない父親の存在があり、少しでも早く親元から離れたかったようです。そして早稲田の学生だった頃は平民社に出入りするほど社会主義に傾倒し、また、車夫や書生をして糊口を凌いでいたほどの苦学生。そんな彼に、人生の一大転機が訪れます。

明治38(1905)年、21歳の時、『読売新聞』の日曜附録に投書した「可愛いお友達」が掲載されたのです。当時のペンネームは竹内洦子(はくし)。
さらに平民社の機関紙『直言』にコマ絵(挿絵のようなもの)が載ったり、同年6月には雑誌『中学世界』に投稿したコマ絵「筒井筒」が一等入選となり、このとき初めて“夢二”のサインが用いられました。ちなみにペンネームの“夢二”は彼が憧れていた油絵画家・藤島武二にあやかって、のもの。
『中学世界』での入選と、それで得た賞金に自信をもち、翌月には早稲田実業学校を中退し、投書家として数々の雑誌に投稿しては入選。徐々に名を上げ、それと同時に欧州遊学から帰ってきた早稲田大学教授の島村抱月に可愛がられ、『早稲田文学』でも活躍します。


竹久夢二を語る上で欠かせない女性。それが、岸たまき(本名・岸他万喜)、笠井彦乃、お葉(本名・佐々木兼代)の三人です。


たまき 〈岸たまき〉

金沢出身の岸たまき(1882年―1945年)は、富山で絵画教師だった夫を亡くし、兄を頼って上京。明治39(1906)年11月、早稲田鶴巻町に絵はがき店「つる屋」を開店します。開店の五日後に客として現れたのが夢二で、その後、自らの描いた絵はがきを持参し、たまき目当てに毎日のように通うのです。
夢二からの求婚で明治40(1907)年1月、夢二24歳の時に結ばれた二人でしたが、二歳年上の姉さん女房で、気の強いたまきと嫉妬深い夢二は性格的にあわず、喧嘩も絶えず、明治42(1909)年5月には協議離婚。書類上の結婚は二年あまりしか続きませんでしたが、離婚後もたびたび同居と別居を繰り返す奇妙な関係は続きました。

たまきが夢二に与えた芸術的な影響は大きく、この頃にはすでに彼女をモデルとした“夢二式美人”と称される独特の美人画スタイルを確立しています。
女性遍歴の多い夢二が唯一結婚したのはたまきだけで、離婚後も含めてたまきとは三人の男の子をもうけました。

港屋絵草紙店とたまき 〈港屋絵草紙店とたまき〉

「下街の歩道にも秋がまゐりました。港屋は、いきな木版絵や、かあいゝ石版画や、カードや、絵本や、詩集や、その他日本の娘さんたちに向きさうな絵日傘や人形や、千代紙や、半襟なぞを商ふ店でございます。」(「港屋」開店の案内状より)
夢二が日本橋呉服町に「港屋」を開いたのが大正3(1914)年10月、夢二31歳の時。
「港屋」は、すでに絵描きとして名をなしていた夢二自身がデザインをし、若い女性が好みそうな木版絵、カード、絵本、詩集、風呂敷、浴衣などを売る雑貨店として開店。店の中は彼のファンでもある若い女性でいつも賑わっていました。その実、この店を開いた動機として、たまきの自活を目的としていたようで、開店の案内状も「岸たまき」名義となっていました。


夢二と彦乃 〈夢二と彦乃〉

そして、夢二のファンとして港屋に現れたのが、すぐそばある宮内省御用達の紙問屋の長女・笠井彦乃(1896年―1920年)でした。
彦乃は当時、19歳の女子美術学校日本画科の学生。ちょうどひとまわり歳の離れた二人でしたが次第に恋仲となり、この彦乃の存在が夢二とたまきとの関係を決定的に裂く結果となります。
彦乃と夢二との関係を知ったたまきが、彦乃の親許を訪ね「わたしの良人のお嫁さんに娘さんを頂きたい」などといった狂気じみた行動を聞くに及んで、夢二はたまきの行状に恐れをなして「港屋」を整理し、京都の旧友の元に身を寄せることになるのです。

相思相愛だった夢二と彦乃との関係は、夢二の離婚歴と二人の年齢差から彦乃の親が交際を断固として認めず、彼女は親の厳しい監視下の元におかれます。しかし、夢二は彦乃をあきらめることができず、知人に手紙を託しては彼女と連絡を取り、ついに彼女は父親の厳しい監視から逃げるため、「日本画修業のため」と称して夢二がいる京都に赴きます・・・が、夢二が最も愛した彦乃との生活もそう長くは続きません。
一年ほどの京都・高台寺そばでの仲睦まじい生活の後、彦乃は旅行先の九州で患っていた結核が重篤となり、ついには父親に東京に引き戻され、一年間の入院の後、23年の短い生涯を終えるのでした。


お葉 2 〈お葉〉

彦乃が亡くなる直前に夢二が知り合ったのが、お葉(1904年―1980年)です。
彦乃が父親に引き戻され順天堂病院に入院し、夢二との関係も終わり、彼も京都を引き払い東京の本郷菊富士ホテルに居を移します。傷心の夢二を仕事に没頭させようと、彼の友人の斡旋でモデルとして夢二の前に現れたのが、お葉でした。秋田出身の本名・佐々木兼代(カ子ヨ)。しかし夢二は彼女を「お葉」と名付けます。

お葉 本郷菊富士ホテルにて 〈お葉 本郷菊富士ホテルにて〉

お葉は東京美術学校の職業モデルとして人気があり、当時、彼女は16歳。夢二との年齢差は20歳でした。
そして、彦乃が亡くなった翌年、大正10(1921)年にはお葉と世帯をもち、彼女はのちに妊娠するのですが・・・夢二は生まれてくる子供に一切の関心を持たず、出産の時でさえスケッチ旅行に出かけたままで・・・。お葉は男の子を出産しますが、子どもはすぐに病気になってしまい、彼女一人の必死の看病もむなしく亡くなってしまいます。
さらに、お葉と出会って四年後には別の女性(作家の山田順子)が夢二の前に現れ、お葉は夢二の元を去っていくのでした。
ただ、夢二がお葉をモデルとして残した名作は数知れず。そして代表作でもある「黒船屋」は、彦乃が入院していた頃にお葉をモデルに描かれた作品なのですが、彦乃をよく知る人物が「黒船屋」をみると、その絵には彦乃の面影が色濃く残っていたのだとか・・・。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/329-dca12e53
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。