--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月の犬は二度吠える その1

2011年08月22日 23:51

八月の犬は二度吠える 著者・鴻上尚史 2011年

IMG_0006 (3)


前回は「大文字 五山送り火」のイタズラについて、“悪ふざけをおもしろがるのも、ほどほどに・・・”などと、エラそうな言葉で締めくくってしまいましたが、まさにこの大文字の「大」を「犬」に変えようとした人たちを描いたのが、鴻上尚史の『八月の犬は二度吠える』(2011年、講談社刊)。

近年まれに見る、傑作です。


鴻上尚史といえば、一般的には劇作家、演出家、コラムニスト、テレビの司会者、コメンテーターと多彩な肩書きで現在も活躍していますが、テレビ画面での毒にも薬にもならない彼の存在しか知らない人にとっては、この作品は、あまりおもしろくはないかも知れません。
しかし、1980年代の小劇場ブームを牽引した「第三舞台」の主宰・演出家として、また深夜ラジオ「オールナイトニッポン」のディスクジョッキーとして数々のヒット企画を打ち立ててきた鴻上尚史を知っている人なら、この小説、必ずハマるはずです。


今回は珍しくネタバレなしの方向で、あらすじを・・・。

物語は、二十四年ぶりに音信不通だった友人・長崎から、東京で編集者をしている山室のもとに届いた手紙から始まります。
久しく会っていなかった長崎はガンを患っていて余命半年。
そして入院している京都の病室で、東京からやってきた山室に頼むのです。「もう一度、『八月の犬』をやりたいんだ」と・・・。

二十四年ぶりの病室での再会から、彼らが初めて出会った1978年の予備校時代に遡り、さらに現在の彼らの境遇を描きながら、思わぬ出来事で頓挫し、やり残した青春時代の悪ふざけを四十代も終わりにさしかかろうとしている中年男たちが真剣にやり遂げようとする物語です。


鴻上尚史は主人公・山室と同じく、早稲田大学に入学する前は、京都で一年間の浪人生活を送っていました。
正式名称、西賀茂至誠寮。賀茂川を北に上り、上賀茂神社の反対側、西賀茂の住宅街の中に寮はあった。
今はなくなってしまった西賀茂至誠寮が実名で登場し、予備校名は明言されていないものの、当時、百万遍近くにあった駿台予備学校が彼らの通っていた予備校でもあったのです。
毎朝、八時過ぎに上賀茂神社から少し離れた御薗橋の近くのバス停に立つ。賀茂川を左手に見ながら、二十分ほど揺られて、出町柳のバス停で降りる。そして、三分ほど歩いて、百万遍にある予備校にたどり着く。

叡電出町柳DSC04486_R 〈出町柳〉

一年間の浪人生活での登場人物は、主人公で愛媛出身の山室、そして長崎、吉村さん、関口の四人。
両親の不和に悩みながらも社交的な長崎は岡山出身。親の後を継ぐために医学部に入らなければならない真面目な吉村さんは愛媛出身の三浪生。母子家庭で経済的に苦しく何事にも現実的な関口は滋賀出身。出身地はそれぞれ違う四人でしたが、なぜか気が合い、何となく寮の中でもつるむようになるのです。

浪人生活とはいえ、山室の一年間は充実した毎日でした。
寮が西賀茂という京都の北の端にあったのも大きいのだろう。時間は、京都の中心部、河原町から離れるほど遅くなっているように感じられた。西賀茂のすぐそばに見える山と賀茂川の水草が、急ごうとする時間を押しとどめているのだろうか。
浪人生活の居心地のよさと、京都の居心地のよさが二重に山室を包み込んだ。快適すぎて、怖いとも山室は感じた。
男ばかりの寮の中ではエロ本が第二の通貨として行き交い、
畑を挟んだ向こうのビルに女性の下着姿が見えるからと、寮の屋上では二十人を超す寮生たちが双眼鏡片手に狙撃兵よろしく列んだり、
長崎がプロレス同好会を結成し、吉村さんがパイルドライバーをかけられ病院送りになり、「……部屋のエロ本、隠して下さい」の言葉を残して集中治療室に運ばれていったり・・・。

そして楽しかった一年は過ぎ、山室は早稲田大学に合格し京都を離れ、関口は大阪大学へ進学。しかし、長崎は京大に落ち二浪することを決め、吉村さんも京都府立医科大学に落ちて四浪することとなります。


そう、「大」の文字を「犬」にかえるという壮大なイタズラは、まだまだ先の話。
山室や関口の浪人生活も終わり、離ればなれになるかと思われた四人でしたが、彼らの本当の深い関係はこれから始まるのです。


大学生になった山室が夏休み、故郷・愛媛に帰る途中で西賀茂寮に立ち寄ると、二浪目の長崎は寮生の“いい兄貴分”として振る舞っていて、大阪に進学した関口も合流。四人揃った居酒屋での会話は、「ビニール一枚向こうの安全地帯にいて、本当のことじゃないことばかりを話しているような」大学のサークルでは味わえない、山室にとってはなんとも言えない充実した時間でした。

次の日、後に「八月の犬」作戦に加わることとなる、二名の後輩寮生が長崎によって紹介されます。それがプロレス研究会副会長の伊賀と、山室が三月までいた部屋に住む久保田でした。

さらに次の年、長崎は三度目の京大受験に失敗し、滑り止めの立命館に入学。吉村さんは愛媛大医学部を受けて落ち、五浪目に突入・・・。伊賀は大阪大学を失敗し、二浪目を決意。久保田は京都大学に無事、合格。
そして立命館に入学した長崎は、その陽気さと面倒見のよさを見込まれ、大学に通いながら西賀茂寮の寮監として、そのまま寮に残るのです。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/320-c7684806
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。