--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪いの壺

2010年09月29日 23:39

怪奇大作戦 第23話「呪いの壺」 1969年

呪いの壺000004


今回と次回はお待ちかね、怪奇大作戦“京都シリーズ”(実相寺昭雄監督)の紹介です!


そもそも、「怪奇大作戦」は、「ウルトラ」シリーズで知られる円谷プロが、「ウルトラセブン」の後番組として1968年9月から半年にわたり放送した空想科学特撮ドラマ(全26話、TBS系列で日曜午後7時からの30分番組)で、
科学捜査研究所(SRI)のメンバーが、警察でも手に負えない数々の猟奇犯罪や科学犯罪の謎を追うというストーリー。
人間の闇や高度経済成長期の社会の歪みに焦点を当てた意欲作と見て取ることも出来ます(荒唐無稽とは言わないでください・・・)。

SRIのメンバーは微妙に地味です(笑)。でも地味だからこそ、この世界観が表現できうるんですっ!
防衛大出身の肉体派にして行動派・三沢京助には、勝呂誉。
SRIのエースでいつも冷静沈着な理論派・牧史郎に、岸田森。
元警視庁鑑識課長にしてSRIの設立者でもある所長・的矢忠に、原保美。
若手で少しおっちょこちょいな野村洋に、松山省二(のちの松山政路)。
紅一点で学校を出たばかりの秘書・小川さおりに、小橋玲子。
そして、SRIと警察との橋渡し役、警視庁捜査第一課長の町田警部に、小林昭二。



さて、「呪いの壺」です。

京都で奇怪な事件が発生した。壺を鑑賞中の老人5名が、時と場所を異にして次々と怪死を遂げたのだ。
すべての被害者の神経腺は赤く変色し、特に視神経は完全に破壊されていた。

呪いの壺000000
〈視神経が破壊される瞬間!です〉

警察の要請で、京都に急行したSRIの一行は、投宿先の旅館前で肺を病む日野統三(花ノ本寿)という青年に声を掛けられる。

呪いの壺000002 
〈日野統三役の花ノ本寿。この回ではSRIから主役を奪うほどの存在感を発揮します〉

被害者たちは全員、統三の勤める古物商・市井商会の得意先であった。「気にかかって仕方がない」とSRIを訪ねてきたのだ。
翌日、市井商会を訪問したSRIメンバーの目に、統三と主人・市井(北村英三)との確執が映る。
SRIが訪問している最中にも、得意先の老人が亡くなったことが市井の娘・信子(松川純子)から知らされる。
統三は実家に少し帰ってくると市井に告げる。
「こんな忙しい時に」「忙しいのは事件の方で商売には関係ないでっしゃろ」と言うと、市井の了承も聞かぬまま自室に籠もる。
信子は父親と統三の不仲、そして今回の事件が気がかりで、統三を問い詰める。信子と統三は恋仲にあった。

呪いの壺000010 〈西本願寺門前を歩く統三〉

「いっしょにおいで、それがええ、それがいちばんええことや」と、統三は意味ありげに言い、信子を伴い汽車で帰郷する。SRIに尾行されていることを承知で。

呪いの壺000021
〈統三と信子を尾行するSRIの三沢と野村。もはや尾行ではなく同行の距離です・・・〉

統三の実家では、父親(浮田左武郎)が出迎え、信子がついてきたことに驚く。
日野家は祖父の代から、市井家のために唐や宋時代の贋壺を作らされていたのだった。
腕のいい陶芸家である父が贋作を作られていることに我慢のならない統三。
会心作が出来上がっても、父親の名とは関係なく金持ちに買われ飾られることが口惜しいのだ。
しかし、市井家への義理から父はやめようとはしない。

信子とふたりきりになった統三は真意を語る。
「それというのもあんたと一緒になって、贋物をどんどんはびこらすんや。成金どもを心の底から嗤うてやりたかったからや!」

呪いの壺000027

しかし、統三の思惑とは裏腹に、贋物はいつまで経ってもばれず、むしろ珍しい真作として保証され出す始末。
肺を病み、余命幾ばくもない統三は、そんな家や父親の理不尽さから、市井家に復讐する決意をすでにしていたのだ。
市井商会から壺を買った金持ちが死に、まもなく市井家もつぶれる。統三の陶酔の瞬間が迫っていた。

信子が見守る中、統三は山中で土を掘っている。その姿をSRIの三沢と野村が不審そうに眺める。

呪いの壺000031
〈三沢と野村も、見つかろうが見つかるまいが、もうどうでもよくなっているようです・・・。しかし彼らの能力を疑ってはいけません〉

統三が掘っていた砂、それこそが、老人たちの死の原因“リュート物質”だったのだ。
“リュート物質”とは、太陽光に刺激されるとリュート線を放出し、真っ先に目をやられてしまうという恐ろしい物質だ。

京都に帰り、市井に贋作を白状させたSRIが次に向かったのは統三の元。
蔵に潜む統三を見つけるが、“リュート物質”を手に、統三は逃げる。「これで僕も犬死にしないですむ」と。

呪いの壺000044

長唄の聞こえる町なかを走り、統三の逃げ込んだ先は、古寺。
「これでええんや、これで思い通り・・・。この寺は、本物か、贋物か・・・、ワシの道連れやで!」

呪いの壺000053
〈もはやセリフが理解不能です・・・〉

そう叫ぶと、統三は大きく咳き込む。すると“リュート物質”の黒い粒子が舞い上がり、堂宇を覆い、古寺の伽藍は一瞬にして業火に包まれた。

呪いの壺000071

呪いの壺000067 
〈実在の門と焼け落ちるミニチュアの伽藍の合成、さすがです〉

統三が“リュート物質”を掘り出していたのは、旧陸軍の秘密研究所があったところ。「戦争のたびに科学が進歩する、か」所長の的矢が呟く。
統三の父は自ら作った壺をたたき割る。「ちくしょー、ちくしょー」と叫びながら。

呪いの壺000081




まだ、TBS社員だった頃の実相寺昭雄が監督をつとめています。脚本は石堂淑朗。
そもそも、これだけの内容を30分(実質20数分でしょう)に詰め込むのですから、話の展開には無理があります(笑)。
ある程度の、いや、かなりの思考の飛躍はこの際問わないこととしましょう。

もちろん“リュート物質”とはなんぞや!なんて考えてはいけません。ググってもいけません。
なぜなら、「リュート物質」と「怪奇大作戦」の無限ループに陥るだけだからです(笑)。


誰もが納得する、この作品の圧巻は最後の寺の焼失シーンでしょう!

呪いの壺000058

美術担当・池谷仙克氏のこだわりが結実したシーンだったようです。
1/6縮尺のミニチュアをつくり、ガソリンを仕込み、3台のカメラによる撮影だそうですが、瓦の落ち方、炎の走り方、屋根の崩れ方、すべてがリアルすぎますっ!
ウルトラマンやセブンのミニチュアは1/20か、大きくても1/10だったとか。火や水は小さくならないので大きく作ろうと、当初は1/4で計画されていたが、予算の都合で1/6になったとか。
モデルは上京区寺之内にある日蓮宗本山・妙顯寺。あまりのリアルさに、放映当時、自分のお寺が燃えていると檀家が慌てたといい、
また、お寺を燃やすとは何事かと、テレビ局に苦情の電話が鳴ったとも・・・。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/31-0a3f6797
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。