--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵の中 その1

2011年09月02日 00:48

蔵の中 監督・高林陽一 1981年


あらすじ。

WS000004_R.jpg

昭和10年、京都にある出版社「象徴社」の編集長・磯貝三四郎(中尾彬)の元へ、蕗谷笛二(山中康仁)という胸を病んだ青年が小説原稿を持ち込んできた。

WS000071_R.jpg

評論雑誌『象徴』を出版する磯貝だが、小説の持ち込み原稿は受けないと断ろうとする。しかし笛二は読んでもらわないと、転地療養にも行けないと頑なに居座った。仕方なく預かることを承知した磯貝に、「おもしろいに決まっていますよ、少なくとも先生には・・・」と意味深な言葉と笑みを残して、笛二は象徴社を後にした。

WS000079_R_20110807191657.jpg


原稿の題名は「蔵の中」。そこには肺を病んだ姉・小雪(松原留美子)を慕い、姉が隔離された蕗谷家の別邸にある蔵の中に入り浸る弟・笛二との暮らしが描かれていた。

WS000095_R_20110807191656.jpg

小雪は五歳の時に中耳炎に罹り、聾唖となった。そして胸をも病んでしまった今、他人にうつさないようにと薄暗い蔵の中で、からくり人形や錦絵を見て、ひっそりと暮らしていた。

WS000181_R_20110807191656.jpg

弟の笛二は、女中の婆や(小林加奈枝)が病気がうつると心配するのをよそに、姉がいる蔵の中に出入りする。弟が姉を思う愛情は、体を拭いてやったり、喀血した姉の唇から、血を吸い取って楽にしてやるほど偏狂なものだった。

いつしか姉と弟は男女の関係となる。しかし、弟は背徳の行為に後ろめたさを感じ、一方では姉の儚い運命に同情を寄せ、断り切れずに姉との情愛に溺れていく・・・。

WS000330_R_20110807191655.jpg

ある時、笛二は蔵の中で遠眼鏡を見つける。蔵の窓からその遠眼鏡で覗くと、京都の町が一望できた。白川の行者橋を金魚売りが歩く姿。南禅寺の水路閣では意味ありげな男女が、物憂げに佇んでいる姿・・・。
そして、笛二と小雪のいる蔵から、そう遠くない一軒家の座敷には、かの「象徴社」の磯貝と、その愛人・お静(吉行和子)の姿があった。

WS000387_R_20110807191743.jpg

磯貝は妻を亡くしたばかりで、お静は高利貸しの未亡人。磯貝がまだ三高の書生で、お静が新京極のカフェで女中をしていた頃からの知り合いだった。
しかし、若かりし頃の磯貝が出版事業の援助をしてくれる資産家の妻と結婚したことから、お静は歳の離れた高利貸しと仕方なく結婚した。

WS000494_R.jpg

そんな二人の事情は、姉と会話をするために幼い頃から読心術を会得していた笛二にとっては、容易いことだった。

お静は磯貝に、儲からず忙しいだけの出版社を辞め、自分が養うから一緒になろうと、言い寄っていた。
磯貝は出版事業への思いを断ち切れずに、また妻が亡くなって四十九日も経っていないことから、結婚はすぐには出来ないと口よどむ。

WS000583_R.jpg

日に日に感情的になっていくお静は、不審な最期を遂げた磯貝の妻は、実は磯貝が財産目当てで毒殺したのだろうと核心をつき、磯貝の弱みを握ることで結婚を迫る。しかも磯貝はお静に借金を背負っていた。

次第にヒステリックになるお静に、激高する磯貝。そしてついにお静の首を縁側で締め、殺してしまった。

その殺人を蔵の中から見ていた、笛二と小雪。

WS000591_R_20110807191742.jpg

将来を儚む小雪は、笛二にあのように首を絞めて殺してくれと頼む。
もちろん拒絶する笛二だったが、そこに蔵の外から婆やの声が。笛二が訝しんで様子をうかがうと父親も一緒にいて自分を引き戻しに来たようだった。

姉と引き離される事態に戸惑った笛二は蔵の階段で、血を吐く。姉の肺病がいつしか彼にもうつっていた。
そして笛二は自らの血がついた手で、姉の首を締めていた・・・。

WS000624_R.jpg


象徴社の事務所で「蔵の中」を読み終えた磯貝は、急いでお静と暮らしていた家に向かった。そこから見回すと、確かに一軒の蔵が見える。

蔵のある「蕗谷別邸」と書かれた門扉を入ると、ひとりの若い女中(上中美樹子)がいた。

WS000673_R.jpg

しかし、その女中によると、かつても今も蔵の中にいるのは笛二だけで、婆やという人物は自分が奉公する二年前に亡くなったといい、姉の小雪なる人物もいないという。


そして、笛二がいるという蔵に上がり込み、磯貝が蔵の中で見たものは・・・。

WS000699_R_20110807191759.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/308-40516768
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。