--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隨心院 その1

2011年10月16日 23:53

醍醐寺から旧奈良街道を北に向かってすぐにあるのが隨心院で、真言宗善通寺派の大本山です。

隨心院のある土地は、古くから現在まで“小野”と呼ばれる地域で、小野一族が栄えた土地であることに由来します。
特に現在の隨心院は、小野小町(825年頃―900年頃)の旧宅跡に建てられていることから、“小町伝説ゆかり”の寺として名高く、明治から昭和にかけて隨心院の属する宗派は真言宗小野派と名乗っていました。そして昭和6(1931)年に小野派が善通寺派に改称され、現在に至っているのです(総本山は、弘法大師空海の生誕地に立つ香川県の善通寺です)。

拾遺都名所図会「小野隨心院」
〈『拾遺都名所図会』(天明7(1787)年刊行)より 小野隨心院〉

隨心院の歴史は、もともと仁海(954年―1046年、空海から数えて8代目の弟子)が開いた「曼荼羅寺」(正歴2(991)年創建)に始まります。仁海は事相(真言密教の儀式作法)の奥義を極めた名僧で多くの弟子が彼の元に集いましたが、のちに曼荼羅寺の一末寺であった隨心院の住持にして曼荼羅寺第五世の増俊が事相の流派である「隨心院流」を創始したことで、曼荼羅寺はいつしか隨心院と称されるようになったのだとか。

その後、順徳、後堀河、四条天皇の勅願寺となり、第七世親厳の寛喜元(1229)年には後堀河天皇の宣旨によって門跡寺院となり、隨心院門跡と称され、七堂伽藍を擁する名門寺院となったのです。
しかし、都を襲った承久の乱や応仁の乱は、この山科小野にある隨心院にも影響を与えます。隨心院は小野を離れ、何度かの移転を繰り返した末、慶長4(1599)年に曼荼羅寺創建の元の地に本堂を再建。二条家や九条家の庇護の元、再興したのでした。


DSC03779_R.jpg 〈総門〉

旧奈良街道に面した「総門」は宝暦3(1753)年に、二条家より移築されたもの。


DSC03801_R.jpg
〈薬医門から眺めた「小野梅園」〉

総門を入って右手に広がる「小野梅園」には約230本の梅の木があり、小野小町も愛でたといわれる薄桃色の梅は“はねず”と呼ばれ、「はねず踊り」が毎年3月最終日曜日に開催されます。

DSC03785_R.jpg

「はねず踊り」とは、小町に恋をした深草少将の“百夜通い”をモチーフにした踊りで、大正時代以降久しく廃れていたものが、昭和48(1973)年に復活しました。


DSC03789_R.jpg 〈薬医門〉

隨心院の「薬医門」は時代劇のロケでおなじみです。九条家ゆかりの豊臣完子(天真院尼)の寄進により大玄関、表書院とともに寛永年間に建造されたと伝えられています。

ちなみに豊臣完子(天真院尼)とは、父親は秀吉の甥「豊臣秀勝」、母親は浅井三姉妹の「江」。その後、母であった江が再婚し、第二代将軍・徳川秀忠の正室となったことから、完子は徳川家光の異父姉となるのです。
そして完子自らは、公家の名門・九条家に嫁ぎ、将軍家と公家の重要な仲介者の役割を担ったのでした。


DSC02390_R.jpg 〈大玄関〉

「大玄関」は表書院、薬医門とともに、豊臣完子(天真院尼)の寄進により寛永年間に建造されたもの。

DSC02402_R.jpg
〈大玄関から薬医門を望む〉


DSC02411_R.jpg 〈庫裏〉

総門とともに、宝暦3(1753)年に二条家より移築され、「庫裏」はかつての二条家の政所御殿であったそうです。


DSC03860_R.jpg 〈庭園〉


DSC02408_R.jpg
〈書院縁側から見た本堂〉

「本堂」は慶長4(1599)年の建築で、寝殿造り。


DSC03868_R.jpg
〈本堂から書院と庭園を望む〉


DSC03862_R.jpg 〈本堂〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/306-312658bc
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。