--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醍醐寺(下醍醐) その1

2011年09月10日 00:30

醍醐寺(下醍醐)


伏見区でも山科に近い醍醐にある、その名も醍醐寺。世界遺産にして、豊臣秀吉の“醍醐の花見”でも有名なこの寺院は真言宗醍醐派の総本山です。


醍醐寺の創建は貞観16(874)年。空海の孫弟子である理源大師・聖宝(しょうぼう)が准胝(じゅんてい)・如意輪の両観音像を刻み、笠取山の山頂に祀ったのが始まり。その後“上醍醐”といわれる笠取山山頂一帯は修験道者の修行場として発展しました。
また、醍醐・朱雀・村上の三代にわたる天皇の帰依もあり、麓には五重塔をはじめとする雄壮な大伽藍が建ち並び、麓の寺域は“下醍醐”と呼ばれるようになったのです。

都名所図会「下醍醐」
〈『都名所図会』(安永9(1780)年刊行)より 下醍醐〉

“上醍醐”と“下醍醐”とは同じ醍醐寺の中にあっても、険しい山道を隔てて一時間(2.5キロメートル)ほどの距離があり、また伽藍の成り立ちも少し違うことから、当ブログでは別々に紹介いたします。


しかし、この醍醐寺・・・どこでも、かしこでも拝観料を取りすぎっ・・・。


DSC03774_R.jpg
〈旧奈良街道の松並木沿いに建つのが「総門」〉

まず総門を入って左にあるのが「三宝院」。醍醐寺は皇室をはじめ貴族や武士の帰依を受けて発展してきましたが、もっとも影響を与えたのが豊臣秀吉でした。

DSC03749_R.jpg 〈三宝院の入り口〉

永久3(1115)年、第14世座主・勝覚が創建し、歴代の座主が住まいとした三宝院ですが、現在の建物は秀吉によって慶長3(1598)年に再建されたものです。
唐門や表書院は国宝に、その他の建物の多くも重要文化財に指定されています。また庭園の設計には秀吉自身が関与したともいわれ、確かに桃山時代の絢爛さを伝える建物、庭園は見応えがあるものの・・・拝観料大人600円で写真撮影は一切禁止。

三宝院の庭園はすばらしいのですが、拝観に600円なら、参道から唐門を眺めているだけでも十分でしょうか。

DSC02274_R.jpg 〈国宝の「唐門」〉

唐門はおそらく修復されたばかりなのでしょう、漆黒の門に金箔が施された菊と桐の門は迫力満点です。

DSC03744_R.jpg



三宝院を挟んで参道の反対側にあるのが「霊宝館」。もちろん入館料大人600円が必要です。

DSC03742_R.jpg

昭和5(1930)年の醍醐天皇一千年遠忌記念として建設が計画され、昭和10(1935)年に開館。その後、旧来の収蔵スペースでは手狭になったこともあり昭和54(1979)年に新たな収蔵庫3棟を新築。さらに平成13(2001)年には平成館が増築されました。
霊宝館の中には4万点の国宝や重文、そして10万点におよぶ寺宝が納められていますが・・・多数の寺宝が集められているのには、醍醐寺の中でも、特に上醍醐のある地理的な背景と関係があるのです。

霊宝館の平成館大展示室には国宝の薬師如来坐像と、脇侍の日光・月光菩薩像の薬師三尊像が収蔵されていて、しかもこれは上醍醐にある薬師堂の本尊です。どうして上醍醐の本尊までもが霊宝館にあるのかといえば、笠取山の山上は今でも道が非常に狭く、消防車すら入ることが出来ません。そのために数々の寺宝が本来のあるべき場所ではなく、この霊宝館に集められ護られているのです・・・が、こうなっては仏像は“信仰の対象ではなく美術品”と揶揄されても仕方ありませんね。

近年では、平成20(2008)年に落雷による火災で上醍醐の准胝堂(昭和43(1968)年に再建)が全焼し、本尊の准胝観音も焼失してしまいました。
携帯電話も通じず、落雷の停電で電話も通じなかったようで、寺務所に泊まり込んでいた僧侶が山道を下山し知らせに行ったとのことです。しかも消防は20分かけて辿り着くような有様で・・・。

霊宝館の中には「本館」「平成館」「仏像棟」の三つがありますが、フルに開館している時期は、春と秋の“特別展”の時だけのようで・・・通常は「平成館」だけだったり「仏像棟」だけの開館だったりと通年で全てが見られるわけでもないようです。



・・・さて、下醍醐の伽藍に戻りましょう。

参道の正面に見えてきたのが西大門。通称、仁王門です。

DSC03757_R.jpg 〈西大門(仁王門)〉

慶長10(1605)年に豊臣秀頼により再建され、左右に控える仁王像は平安後期の作。平安後期の長承3(1134)年に仏師の勢増・仁増によって造立されました。もともとは醍醐寺の正門であった南大門に安置されていたものが南大門の焼失後に、この西大門に移されてきたのです。
並ぶ二体の仁王像は、頭の鉢の大きさのわりに小さい顔というアンバランスさから、従来の仁王像のもつ迫力に欠け、むしろ愛嬌のある滑稽な顔立ちが特徴。

DSC03769_R.jpg DSC03766_R.jpg
〈阿吽の仁王像〉

檜の寄せ木造りで作られた360センチの巨大な像に見えるまだら模様は、補修の跡なのだとか。


そしてこの仁王門をくぐり、ようやく数々の伽藍にお目にかかれるかと思いきや、またもや拝観料大人600円の徴収です・・・。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/302-cb685637
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。