--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁和寺 その1

2011年08月30日 00:28

仁和寺は右京区御室にある真言宗御室派の総本山で、世界遺産に登録されています。

そもそも仁和寺は、光孝天皇(830年―887年)が勅願寺として仁和2(886)年に建て始めるものの、天皇が翌年に崩御。その意思は息子の宇多天皇(867年―931年)へと受け継がれ二年後の仁和4(888)年に完成します。
宇多天皇はこの御室の地で親政を行ったことから「御室御所」とも称されました。

また昌泰2(899)年には宇多天皇が東寺で受戒した後に仁和寺に入って法皇を名乗り、以後、明治にいたるまで皇室にゆかりの人物が住職を務める門跡寺院として最高の格式を誇っていたのです。

都名所図会「仁和寺」 - コピー
御室仁和寺は真言密乗の霊地なり。はじめ光孝天皇の御願として、仁和四年八月にいとなみ給ふ、代々法親王の御法務にて、御門跡と称し給ふこと此寺にはじまりけるとかや。御室と号するは宇多天皇御出家の後、延喜元年十二月に御室を此所に建させ給ふゆゑなり。又承平の御門も天暦六年御出家ありて、此所にうつり給へり。金堂の本尊は阿弥陀仏、観音、勢至、脇士とし給ふ。観音院には千手観世音たゝせ給ふ。祖師堂は弘法大師自作の像、脇壇には寛平法皇の宸影を安ず。五重塔、九所明神、十二権現、経蔵、閼伽井、下乗の立石は藤木甲斐が筆とかや。夫当山は佳境にして、むかしより桜多し、山嶽近ければつねにあらしはげしく、枝葉もまれて樹高からず、屈曲ためたるが如し、弥生の御影向くは猶更、花の盛には都鄙の貴賎春の錦を争ひ、幕引はへ、虞松が酒にふし、李白が恨は長縄を以て西飛の白日を繋ぐ事を得んとは、春色の風客花にめでゝ日ををしむと同じ論なり。
〈『都名所図会』安永9(1780)年刊行より 御室仁和寺〉


京都でも有数の桜の名所であり、八重咲きで背の低い“御室桜”が境内におよそ200本も植わっています。
遅咲きの桜として有名で、「花(鼻)が低い」ことから“おたふく桜”とも呼ばれています。

DSC02211_R.jpg 〈御室桜〉

最高格式の門跡寺院としての面影は、今も境内の中に見ることができます。
とはいっても、多くの京都の寺院と同じく、この仁和寺も応仁の乱(1467年―1477年)によって全焼の憂き目に遭い、現在見られる伽藍が整備されたのは江戸の寛永年間(1624年―1644年)。その頃には、皇居の建て替えが行われていて、建長年間に建てられて使われていた紫宸殿、清涼殿などが仁和寺に下賜されました。


仁和寺の南の通りは、かつて“観光道路”と無粋な名前で呼ばれていました。その、衣笠山の麓の金閣寺から龍安寺を通り、そして御室仁和寺へと観光名所が並ぶ約2.5キロメートルの道は、いつの頃からか“きぬかけの路”という風流な名で呼ばれるようになっていました(笑)。
“きぬかけの路”に面して建つ巨大な門が仁和寺の「仁王門」です。

DSC03376_R.jpg 〈仁王門〉

高さは18.7メートルの重層、入母屋造。門の左右には阿吽の二王像が安置されています。

DSC03385_R.jpg DSC03380_R.jpg

同時期に建てられた知恩院の三門、南禅寺の三門とともに京都の三大門のひとつ(三大門には、仁和寺の仁王門の代わりに東本願寺の御影堂門が入ることもあるのだとか)。

DSC02204_R.jpg


仁王門から境内に入り、長く広い参道を進んで中門を抜けると右手に見えるのが「五重塔」。高さ36.18メートル(ちなみに東寺の五重塔は高さ54.8メートル、八坂の塔は高さ49メートル)と、数字的には決して高くはありませんが雄壮です。

DSC02212_R.jpg 〈五重塔〉

塔の内部には大日如来と、無量寿如来など四方仏が安置され、初重西側に懸けられている梵字は、大日如来を示しています。

DSC02215_R_20110801114809.jpg


五重塔の北にひっそりと佇む社が「九所明神」。

DSC03399_R.jpg DSC03400_R.jpg

社殿は本殿・左殿・右殿にわかれていて、八幡三神を本殿に、東側の左殿には賀茂上下・日吉・武答・稲荷を、西側の右殿には松尾・平野・小日吉・木野嶋が祀られているのだとか・・・。重要文化財ではあるものの、参拝者の目にはつきにくい社のようです。


さて、仁王門から中門を通り、その正面に鎮座するのが国宝の「金堂」です。

DSC03424_R.jpg 〈金堂〉

本尊である阿弥陀三尊を安置する本堂で、慶長年間に建てられた内裏の紫宸殿を寛永年間に移築したもの。
現存する最古の紫宸殿として、また当時の宮殿建築を伝える建物として威容を誇っています。数ある寺院の本堂の中でも、壮麗さでは随一。プラチナのような宝飾品の気品すら漂っています。


金堂の東側にあるのが「経蔵」。

DSC03417_R.jpg 〈経蔵〉

禅宗様の建物で、内部中央には八面体の回転式書架(輪蔵)があり、その中には各面に96箱、計768の経箱が備えられていて、天海版の『一切経』も収められているのだとか。


DSC03420_R.jpg 〈鐘楼〉


境内の北西に位置する「御影堂」はその名の通り弘法大師空海をはじめ、宇多法皇、第二世性信入道親王(三条天皇の子)の像を安置した建物です。

DSC03450_R.jpg 〈御影堂〉

金堂と同じく慶長年間に造られた内裏の清涼殿の一部を移築し、寛永年間に再建したもので、蔀戸の火災除けの蝉型の金具なども当時の清涼殿のものが使われています。


DSC03466_R.jpg 〈観音堂(左)と五重塔〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/298-2971b9c1
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。