--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

智積院 その1

2011年08月08日 00:40

東大路七条にある智積院は、真言宗智山派の総本山です。

DSC03186_R.jpg
〈総門(東福門院の旧殿の門を移築)〉

もともとは和歌山にある根来寺の塔頭に過ぎなかった智積院でしたが、天正13(1585)年の豊臣秀吉による根来攻めの際に難を逃れ、根来寺を後にします。学頭でもあった玄宥僧正を先頭に高野山や京都の各所を転々とし、関ヶ原の戦いで徳川家康が勝利した翌年の慶長6(1601)年、家康の加護によって現在の地に再興されました。

DSC03204_R.jpg 〈大書院〉

その後、元和元(1615)年に大坂の役で豊臣家が滅ぶと、秀吉が三歳で夭折した嫡男・鶴松の菩提を弔うために建てていた大寺院・祥雲禅寺(しょううんぜんじ)の寺域が徳川家によって智積院へと寄進され、現在の広大な境内の礎が出来上がったのです。

秀吉の根来攻めに始まった智積院の苦難の流転は、豊臣家の滅亡とともに広大な伽藍を得るという、なんとも皮肉な寺の歴史の始まりでした。

拾遺都名所図会「智積院」 - コピー
〈『拾遺都名所図会』天明7(1787)年刊行より 智積院〉

しかし、もともとの智積院は根来寺にあった“学問所”としての塔頭寺院で、再興によって大寺院へと変貌を遂げた洛東の地においても江戸時代を通じて学問の寺としての性格を色濃く反映していきます。それが、“学山智山(がくざんちざん)”といわれる由縁で、庶民の信仰を集める寺としてではなく宗侶養成の役割を一身に担ったのです。

江戸の最盛期には名だたる学匠(先生)が名を馳せ、真言宗に限らず宗派を問わない1600名もの僧侶が全国各地から、この洛東の地に集ったのだとか。“朝がゆをすする音が七条大橋まで届いた”ともいわれています。
今も境内の東奥には「学侶墓地」という、江戸時代に智積院内で修行をし、そして志し半ばで亡くなった僧侶たちの墓碑が整然と列べられた一画があります。

DSC03257_R.jpg 〈学侶墓地〉


この智積院、江戸時代から現代にいたるまで、たびたび火災の難に遭っていて、創建当時から残っているのは長谷川等伯の障壁画と、豊臣の謳歌を思わせる祥雲禅寺時代から引き継いだ庭園のみ・・・。


もともとの「金堂」は桂昌院(徳川五代将軍綱吉の生母)より与えられた金千両を元に学侶からの寄付金をあわせて、宝永2(1705)年に建立されたものの、明治15(1882)年の火災により焼失。

DSC03231_R.jpg 〈金堂〉

現在の「金堂」は弘法大師空海生誕1200年の記念事業として昭和50(1975)年に建てられたコンクリート造りの大伽藍です。

DSC03236_R.jpg


また、金堂の南隣に建ち不動明王が祀られている「明王殿」は、昭和22(1947)年の火災により旧本堂(方丈殿)が焼失した際に、京都四条寺町(現在の高島屋)にあった浄土宗の大雲院の本堂を譲り受け、移築した建物です(ちなみに大雲院はその後、円山公園南にある大倉喜八郎の別荘だった地に移転し、現在は祇園閣を所有していることでも有名ですね)。

DSC03229_R.jpg 〈明王殿〉


庭園に隣接する「講堂」は、興教大師850年遠忌記念事業として平成7(1995)年に完成したもの。祥雲禅寺の法堂があった建物でしたが、天和2(1682)年に焼失し、その後、幕府から与えられた東福門院の旧殿・対屋を基に、貞亨元(1684)年に再建されるものの・・・またしても昭和22(1947)年の大火災によって焼失してしまったのです。

DSC03271_R.jpg 〈講堂〉


空海の像を安置する「大師堂」(寛政元(1789)年建立)や、中興の祖・興教大師覚鑁像を安置する「密厳堂」(寛文7(1667)年建立)は火災の難には遭わなかったものの、現在は「これより先は修行中につき、立ち入りを禁止します。」の札により間近で見ることはできません・・・。

DSC03245_R.jpg 〈大師堂〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/296-2c41100b
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。