--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも私は行く

2011年07月31日 00:58

それでも私は行く 著者・織田作之助 1946年

IMG_0002 (7)
〈1956(昭和31)年発行の現代社版『それでも私は行く』〉

面白みも、ひねりもない地味なタイトルですが、織田作之助が京都を舞台にした作品としては『土曜夫人』(1946年)とともに有名な一作です。

初出は昭和21(1946)年4月25日から7月25日まで、三ヶ月にわたって夕刊紙「京都日日新聞」に連載された新聞小説。織田作之助が亡くなる一年前、32歳の時の作品です。

京都を舞台にした連載小説が京都の地元紙に掲載されたのは初めてのことで、しかも著者がすでに流行作家となっていた織田作之助だったことからかなりの反響を呼び、次の読売新聞連載となる『土曜夫人』につながったようです。


主人公は先斗町のお茶屋「桔梗屋」の息子で三高に通う梶鶴雄。先斗町界隈で知らぬものはいないという評判の美少年。
町では戦災罹災者を見かける中で、お茶屋の息子という境遇に負い目を感じているのか、何かにつけてシニカルな態度をとり、その日の一日の予定もサイコロの目で決め、町を彷徨って無為に過ごすという気ままな学生なのです。

そんな主人公の梶鶴雄が、スタンダールの『赤と黒』を愛読する女スリ師・弓子と出会い、さらに彼を慕う芸妓の君勇や舞妓の鈴子を巻き込んで、最後には“新円成金”として花街で奔放に振る舞う小郷虎吉の殺人事件に関係してしまうというサスペンス仕立ての展開なのですが・・・。

DSC04414_R.jpg 〈先斗町〉

梶鶴雄と知り合うという設定で小説家の“小田策之助”(もちろん著者の織田作之助自身のことです)が登場し、鶴雄を主人公に『それでも私は行く』という題名の新聞小説を書くというメタフィクションの体裁をとっているのですが、著者の分身“小田策之助”が「残念だが、通俗小説だね。夕刊新聞小説は通俗小説でなくっちゃ読まれないし、だいいちこう偶然が多くっちゃね」と作中で苦言を述べているとおり、あまりに都合のよい予定調和的な物語の展開は、お世辞にもよくできた作品とは言い難いです(苦笑)。

それでも、戦前・戦中の抑圧された時代からの反動なのか、登場人物の姦通や、出戻りの女性が学生の主人公を誘惑するシーンや、京都のヤトナ(雇われ仲居)の実態が赤裸々に描かれ(よく戦後すぐの新聞小説でここまで書けたものです)、そして何よりも戦後間もない京都の風俗、町の雰囲気が、当時実在した地名や店、建物をそのまま登場させ直截的に表現したことで浮き彫りにされ、発表当時話題となった要因であることは想像に難くありません。

四条通りはまるで絵具箱をひっくり返したような、眩しい色彩の洪水だった。
去年の八月まで灰色の一色に閉ざされていたことが、まるで嘘のようなはなやかさである。
学生たちがセンター(中心)と言っている三条河原町に夜がするすると落ちて来ると、もとの京宝劇場の、進駐軍専用映画館の、「KYOTO THEATER」の電飾文字の灯りが、ピンク、ブルー、レモンイエローの三色に点滅して、河原町の夜空に瞬きはじめる。
丁度それと同じ頃だ、キャバレー歌舞伎の入口の提灯に灯りがはいるのは――。
提灯の色はやはりピンク、ブルー、レモンイエローの三色だ。
ここはもとアイススケート場だった。
アイススケート場が出来た頃、朝日会館と並んで、三条河原町の最もハイカラな建物といわれたが、しかし、今そのハイカラな建物に古風な提灯がついている。
これが京都なのだ、今日の京都だ。
と、終戦後一年目の京都の風景とは思えない鮮やかな描写がふんだんに紙面を彩っていました。

章立ても「四条河原町」「木屋町」「寺町通り」「下鴨」「先斗町」「三条河原町」「蛸薬師」「高台寺」「京極」と京都の“目抜き通り”ばかりをタイトルにしていて、いかにも一般大衆受けを狙った感もあって・・・。


さて、以下の文章は、先斗町の芸妓・君勇の元旦那で戦前は大阪で名の知れた呉服屋の主人であった三好が、呉服が統制に引っかかり、空襲で店も家も商品も焼かれて、裸一貫となって、それでも未練たらしく、君勇の姿を追って京都を彷徨っている時の様子です。
夜の木屋町は美しかった。
「べにや」の軒の長い赤提灯、円いピンク・ブルウ・レモンイエローの提灯の灯りが、高瀬川の流れに映って、しみじみと春の夜更けの感じだった。
三好は、キャバレー歌舞伎を出て先斗町へ戻って行く君勇や鈴子や小郷のあとを、ひそかに、しかし執拗につけて行きながら、そんな木屋町の美しさが、かえって恨めしかった。
焼けた大阪とくらべて、何という違いだろう。
かつて、京都は大阪の妾だといわれていた。大阪あっての京都であった。それほど、京都は古障子のように無気力であった。
ところが、今や古障子の紙は新しくはりかえられて、京都は生々とよみがえっている。
旦那の大阪が焼けて、落ちぶれてしまうと、当然妾の京都も一緒に落ちぶれるかと思われたのに、旦那と別れた妾の京都は今は以前にもまして美くしく若返り、日本一の美人になってしまっている。
それが、三好には恨めしかったのだ。
「ちょうど、おれと君勇の関係みたいなもんや」
三好は、焼けなかったことが京都の幸福であると同時に、京都の不幸であることを知らず、ひたすら羨しがっていた。
焼けなかった京都が、その幸福に甘んじていい気になっておれば、やがて焦土の中から起ち上ろうとする大阪の若々しい復興の力に圧されてしまって、再び大阪の妾となる日が来るのだ――ということを知らなかった。
「今にみろ、おれかテもう一ぺんあの女を妾にしたる」
という気力は、もう三好にはなかった。

DSC00922 (2)_R 〈木屋町の高瀬川〉

この文章を読めば、やはり「オダサク」は大阪を代表する作家なのだと実感できます。もちろん『夫婦善哉』で作家として名をなした織田作之助自身も大阪を背負っている自負を持っていたのでしょう。しかしこの作品では、空襲で壊滅してしまった大阪の復活を待ちわびつつも、青春時代を過ごした京都を舞台に、しかも主人公の梶鶴雄に自らの青春の影を仮託し、彼自身にとって懐かしい思い出の場所を描き、おもしろがって書いていた印象は存分に伝わってきます。

作品中には、チョイ役としてではあるものの、フランス文学者の伊吹武彦を“山吹正彦”、桑原武夫を“桑山竹夫”、吉村正一郎を“吉井正太郎”、ドイツ文学者の大山定一を“中山定二”として登場させる遊び心があったり、それでいて、これらの三高出身の学者が一堂に会している寺町錦角の錦ビル四階にある“世界文学社”は実名で登場していたりして・・・といった、実在と虚構の混ざり具合が、なんともチープで、サービス精神旺盛なのです。
このビルは終戦直後は進駐軍専門の土産物のマーケットで「一般の人ご遠慮願います」という貼紙が出ていたが、そんな経営法もいつか立ち行かなくなったか、一階二階はいわゆる「一般人」相手の雑貨店、二階のすみには喫茶店三階は料理店や美容室――というややこしい経営法に変ってしまっていた。
世界文学社の事務所はこのビルの四階にあった。
世界文学社が入っていたのは「錦ビル」。ちなみに世界文学社は昭和20年代の10年間ほど何度かの移転を繰り返しつつも翻訳本の出版を中心に活動し、また伊吹武彦を編集長とする雑誌『世界文学』を発行し、その中では織田も執筆していました。社長の柴野方彦は織田と三高の同級生で、かつて織田と青山光二らが創刊した雑誌『海風』の同人だった人物でもありました。


織田作之助の作家としての不幸は、この程度の作品が話題となってしまうまでに大作家となってしまっていたこと・・・でしょうか。
とはいえ、つづけて読売新聞に同じ手法の通俗小説『土曜夫人』を連載中に大喀血をし致命傷となって連載中の作品は未完となるのですが、『土曜夫人』の第二部は東京を舞台に構想していたようで、やはり京都という町は「オダサク」にとって、青春時代も、大作家となってからも“通り過ぎる町”でしかなかったのでしょう・・・。だからこそ、ピンクやブルウやレモンイエローの提灯の灯りが、そこに住む人々よりも鮮明に映り、しみじみとした旅情で描くことが出来たのです。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/291-d920482d
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。