--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説家 加能作次郎

2011年06月28日 22:20

小説家 加能作次郎

IMG_0002_20110628133303.jpg
〈『加能作次郎作品集 世の中へ/乳の匂い』(講談社文芸文庫、2007年、荒川洋治編〉


加能作次郎(かのう・さくじろう)は1885(明治18)年に石川県で生まれた小説家です。
13歳の時に高等小学校を中退し、継母との折り合いが悪かったこともあり、貧しい郷里の実家から出奔します。中学校に行かせてもらえるかもしれないとの一縷の望みを持って、素封家の伯父がいる京都にやってきたものの、待っていたのは伯父が営む薬屋の丁稚仕事。
加能が京都に出てきて二年後にはその伯父も亡くなり、頼るべき人もいなくなってからは、代書人の書生や弁護士の事務員をし、その傍らで夜学にも通い、本来望んでいた勉学の道は諦めませんでした。

その後、郷里に戻り、小学校の教員になるも、文学への志が次第に募って20歳にして上京。牛乳配達などで生活費を稼ぎながら、いくつかの習作をつくり、22歳にして早稲田大学高等予科文科に入学。その翌年には『ホトトギス』に「アルフォンス・ドォデェの作風」を発表し、高浜虚子の知遇を得ます。
たびたび『ホトトギス』に海外文学者の評伝や作風紹介を書きながら学資を稼ぎ、1910(明治43)年に同じく『ホトトギス』に処女作となる「恭三の父」を発表。

大学卒業後は早稲田大学出版部を経て、博文館に入社。博文館では『文章世界』の編集者として従事し、翻訳や文芸時評を書き、また多くの小説を発表し、大正時代を代表する自然主義作家として名を馳せたのです。
1941(昭和16)年、急性肺炎のため死去。享年58歳。


戦後は長らく忘れ去られていた作家でしたが、詩人であり文芸評論家の荒川洋治が編んだ『加能作次郎作品集 世の中へ/乳の匂い』(講談社文芸文庫)が2007年に刊行されるに及び再評価される・・・はずだったのですが、いまだにマイナーな作家のままのようです。


加能作次郎にはいくつかの京都を題材にとった作品があります。つまりそれは加能にとって、もっとも苦難に満ちた時代を描いた作品なわけなのですが・・・まぎれもない名作揃いです。


なお、加能が勤めた博文館は当時としては最大手の出版社で、『文章世界』は田山花袋を初代編集長に1906(明治39)年から1920(大正9)年まで発行された文芸雑誌。『早稲田文学』とともに自然主義文学の一拠点ともなっていました。





コメント

  1. 近江源氏 | URL | -

    加納作次郎?

     加能作次郎という作家を恥ずかしながら知りませんでした。しかし<カノウサクジロウ>どこかで聞いたような名前だが・・・。思い出しました、男はつらいよ、第29作「寅次郎あじさいの恋」で片岡仁左衛門演じる京都の人間国宝の陶芸家の名前が<加納作次郎>。何か関係があるのでしょうか。早稲田出身の山田洋二監督が先輩の加能作次郎の名前を拝借した?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/286-8acc0afb
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。