--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の走り坊さん その1

2011年07月06日 00:48

京の走り坊さん

IMG_0001_20110616102939.jpg


絵本『京の走り坊さん』(文・東義久、画・無㠯虚几(むいきょふう))は1995年に株式会社クレオから出版されました。


檀家の家にお札を配ったり、和尚さんの言づけを伝えるため、京都中を走り回っていたという足のはやいお坊さんの話です。

一年三百六十五日、毎日毎日、二百軒以上の檀家をまわり、人々はお坊さんのお札をありがたがり、その一途な姿を弥勒菩薩の生まれ変わりだと噂し・・・。
そして、お坊さんの足のはやい評判を聞きつけた殿様から“はやあし比べ”に出されるも、褒美にも目もくれず、すぐに京都に戻ってせっせと飽きもせずお札を配って走る日々。
京の都に大きな台風がやってきて大変な被害が出た時のこと。その日から走り坊さんは寺の仕事のほかに、薬や食べ物を困っている人たちの元へと持って回り、人々にはたいそう喜ばれ、京の人たちが走り坊さんの姿を見かけるとみんながこぞって手を合わせるようになった・・・という、そんなお坊さんの物語です。


この「走り坊さん」にはモデルとなる実在の人物がいました。それが絵本の時代から下ること、明治から大正にかけて京都の町を走り回り「今一休」と崇められた大蓮寺の役僧“籏玄教(はた・げんきょう)”さん、その人です。


その町中を走り回る姿は、当時の大阪朝日新聞で「珍物畫傳(ちんぶつがでん)」の一人として紹介されるほどの奇行の人物として有名で、流行性感冒によって49歳でなくなった際には新聞記事にもなりました。


「今一休と褒められた 走り坊主の大往生 三十年を走つて走つて走り抜いた」

IMG_0003_20110616102916.jpg
〈大正7(1918)年12月4日付『大阪朝日新聞 京都附録』(大阪朝日新聞の京都版)〉


お経を読むのもままならぬほどだったといわれる「走り坊さん」のことです。僧侶としての階級(僧階)は最下級に近かったのでしょうが、果たして現代における法主クラスの僧侶の訃報記事でも、これほど大きく扱われることはない、というくらいの記事の大きさ。
いかに「走り坊さん」が当時の京の人々に愛されていたかがわかりますね。

おそらく仙台でいうところの「仙台四郎」さんのような存在・・・でもあったのでしょう。



現在も大蓮寺は東山二条のお寺の多い一画に、“安産祈願の寺”として、また10世紀に造られた由緒ある十一面観音立像を安置することから“洛陽三十三所観音霊場”の第八番札所として存在しています。

しかし、もともとは仏具屋通五条下るの毘沙門町にあって、太平洋戦争時の道路拡張に伴い現在地に移転。つまり実在した「走り坊さん」の話は五条通にまだ大蓮寺があった頃の話なのです。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/282-9dfff469
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。