--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

893愚連隊 その1

2011年07月02日 00:53

893愚連隊 監督・中島貞夫 1966年

WS000927_R.jpg


登場する人物がどれも信念をもっておらず、イマイチ人間的に格好良くもないのに、なぜか映画全体はやけにスタイリッシュ!

WS000911_R.jpg


時代劇に行き詰まっていた東映が1960年頃から徐々にヤクザ映画の制作に乗りだし、『仁義なき戦い』以降は主力商品として力を入れ、爆発的なブームを起こしました。
その東映のヤクザ映画の中でも、任侠路線(鶴田浩二主演の『人生劇場』(1963年)シリーズ)から実録路線(菅原文太主演の『仁義なき戦い』(1973年)シリーズ)へと移り変わる移行期に作られたのがこの『893愚連隊』(1966年)で、位置づけからいってもなかなか重要な作品であるように思われます。


といっても、松方弘樹演じる主人公の「ジロー」らは、ヤクザではなくあくまで愚連隊。シノギとして白タクの斡旋や風俗業への女性の紹介で喰いつないでいる“チンケ”で中途半端な不良でしかないのです。

ジローの後輩で愚連隊仲間には、荒木一郎演じる「参謀」、広瀬義宣演じる「オケラ」。そしてケン・サンダース演じるハーフの「ケン」に、近藤正臣が浪人生で女たらしの「幸一」に扮し、15年もの懲役を終えたムショ帰りの「杉山」には天知茂。

WS000493_R.jpg

乗り逃げ、ただ食い、当たり屋、美人局・・・彼らの悪さや、思いつくシノギの種類も中学生の悪ガキレベル(苦笑)。

WS000028_R_20110611165829.jpg
〈ジロー(松方弘樹)らが、白タクを斡旋しているのは京都駅〉

彼らの口癖は「愚連隊は民主主義。博打打ちと違って親分もいなければ、儲けた銭は仲間内できれいに分ける」というもの。ちなみに、彼らがいう「博打打ち」とは、いうなればヤクザのこと(この作品では「ヤクザ」との呼称は出てきません)。

WS000230_R_20110611165828.jpg
〈オシャレな浪人生の女たらしという役にピッタリな近藤正臣〉


当時、映画撮影の手伝い、特にロケーションの整理などには愚連隊の若者が活躍していたそうで、そんな若者たちと知り合い興味を持ったのが助監督時代の中島貞夫。そして彼らの生態を取材して出来上がったのが、この『893愚連隊』の脚本だったわけです。

まだ、ヤクザ映画が当たるか当たらないかはわからない中で、東映は任侠映画制作を始めていて、若手の中島貞夫を中心に現代の愚連隊を題材とした映画を企画します。

WS000036_R.jpg 〈京都駅周辺〉

京都撮影所長だった岡田茂(後の東映社長)に企画の了解を得て撮り始めたのがこの作品だったのです。しかも、時代劇ばかりを制作していた東映京都撮影所には現代劇を撮るためのノウハウを持った人間もおらず、中島ら若手の制作陣は一から手探りの状態で始め、京都の街中をオールロケーションの無許可撮影という無謀な手段を用いました。それがむしろ当時としては斬新な映画として注目される要因にもなったようです。

WS000481_R_20110611165827.jpg
〈大宮通からの東寺五重塔〉

そして1966年といえば、カラーフィルムが浸透していた時代。しかし『893愚連隊』がモノクロフィルムを使って撮影されているのには、若手だけの制作陣で、しかも馴染みのない現代劇という点を憂慮した会社の上層部が、制作費を出し渋ったせいでもあるのですが・・・このモノクロの映像だからこそ、松方弘樹ら愚連隊のスーツにサングラス、そして中折れ帽というスタイルが小粋に映って見えるのです。

WS000180_R_20110611165828.jpg
〈軽薄なチンピラ役が憎いほど様になっているのが参謀役の荒木一郎。自ら作詞作曲した『空に星があるように』で歌手デビューする数ヶ月前にこの映画に出演。ここでの好演が認められて中島貞夫作品の常連となります〉





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/280-3bf68fad
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。