--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂った野獣 その2

2011年06月01日 00:46

車内では、だんだん心細くなってきた表情の拓ボンとは反対に、乗客同士のエゴや確執が浮き彫りになってきました。

不倫カップルは、関係がばれることを恐れ次第に罵り合い・・・、飼い犬を邪険に扱われたおばちゃんはホステスに掴みかかり・・・、老人はバスジャックも意に介さず、バナナを食べ始め・・・、チンドン屋は演奏を始めてしまいます。

WS000444_R.jpg


その頃、京都駅で渡瀬恒彦を待っていた星野じゅんは、ニュースでようやく事件に彼が巻き込まれたことを悟り、警察署に急行。

WS000344_R.jpg

しかし手がかりをつかめず、駐車してあったバイクを盗んで、バスの行方を捜します。

WS000372_R.jpg
〈この、新人女優の星野じゅんは、セリフは下手なのに、バイクの運転はやけに上手い! というか、このバイクの運転技術を見込んだ起用だったようです〉

WS000300_R_20110531235006.jpg
〈捜査の指揮を執るのは、岩尾正隆〉


なぜか、ここに来てナンバープレートを取り替えるためにバスが停車。片桐竜次がプレートを付け替え戻ってきた隙を見て、渡瀬が逃げますが・・・扉に楽器ケースだけが引っかかり、渡瀬を振り切ってバスは発車!

WS000558_R.jpg


さて、ここからが怒濤の展開の始まりです!!


それまでは、バスの後部座席で一人余裕にふんぞり返っていた渡瀬さん。しかし宝石の入ったケースが車内に残されているとあっては、格好をつけている場合ではありません。

走って、追いかけて、見つけたのは・・・酒屋の自転車。

WS000604_R.jpg


WS000482_R.jpg

そして、中島貞夫監督の悪意ある演出でもあるかのように、街中をバイクで華麗に疾走する星野じゅんの映像と、酒屋のチャリをカシャカシャいわせながら顔を歪ませバスを必死に追いかける渡瀬さんの姿が交互に繰り返され・・・渡瀬さん哀れ(苦笑)。


WS000666_R.jpg
〈回想シーンとして、会社を辞めたばかりの渡瀬と星野がライブハウスで強盗を思いつく場面では、フォーク歌手の三上寛が熱唱中。三上寛は『仁義なき戦い』にも出演するなど、東映とは浅からぬ関係で、『狂った野獣』の公開翌年、その名もズバリ『ピラニア軍団』という軍団総出演のLPレコードを中島貞夫と共同プロデュースしているのです〉


ようやく渡瀬と星野が合流!
そして、スタントマンなしの渡瀬恒彦の男気あふれるアクションの始まり~。
バイクの後部座席から、再びバスにイン~。

WS000723_R.jpg

その姿に、拓ボンがキョトンとするのも、もっともです。

さて、渡瀬さんはケースを持って降りようとしますが、今度は強盗との取っ組み合いでケースが開き、宝石が散乱!

乗客たちは口を開けて、渡瀬さんを呆然と見ています。そう、乗客のみんなが渡瀬さんを、世間を騒がせた宝石強盗だと悟ったのでした。

WS000749_R.jpg

と、ここでタイミング良くというか、悪くというか、運転手に心筋梗塞という爆弾が発生(結局、亡くなられたようです(泣))。
ハンドルを握りながら片桐竜次が「助けてくれ~!」と叫び、バスは蛇行しながら暴走。その間に、警察車両に追いつかれてしまいました。


ここで主客逆転です。ようやく渡瀬さんがバスのハンドルを握って、警察を振り切ります。事故以来、もう二度とハンドルは握らないと自分自身に誓っていた渡瀬さんなのに・・・。
拓ボンも片桐も、もはや渡瀬さんの舎弟と化してしまいました。


ただここでバスの後ろに執拗にしがみついている白バイ隊員が・・・その男は・・・室田日出男でした(笑)。

WS000797_R.jpg

暴走バスはなぜか東映の撮影所の中を突き抜け(完全な制作者の悪ふざけです)・・・パトカーも白バイもなぎ倒し・・・、それでも食らいつく室田日出男。

WS000887_R.jpg

バスはどうやら空き地らしい場所に入り、その先には不自然な建物が・・・。

WS000935_R.jpg

もうおわかりでしょう、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」の10年以上も前に、この光景が見られたとは!

WS000941_R.jpg

しかし脱落者がひとり・・・そう、室田さんです。
でも室田さん諦めません! 不自然にそこにあったミニバイクにまたがり執念でバスを追いかけます。ガンバレ室田!!

WS000957_R.jpg


車内では泣き叫ぶ乗客たち。拓ボンもやけくそになって歌を歌い出す始末で、チンドン屋も巻紙に遺書を書き出し・・・「父ちゃん、なんで生命保険入ってくれなかったのよ!」と。

WS000991_R.jpg

執念でバスの先回りをした室田日出男。

WS001046_R.jpg

最後の力を振り絞り、バスに飛び乗ろうと歩道橋の上で待ち構えます。
そして、タイミングを見計らって渾身のダイブーー! 

WS001053_R.jpg

も、あえなく不発・・・室田日出男の出番もTHE ENDなのでした。

WS001067_R.jpg





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/273-5a4c5eff
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。