--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂った野獣 その1

2011年06月01日 00:46

狂った野獣 監督・中島貞夫 1976年

WS000121_R_20110531233904.jpg


とにかくこの映画を、「サイコー!」と言わずして、どんな映画を評価すればいいのでしょう。ってくらいの映画です。
先に紹介した『尼寺(秘)物語』なんて、中島貞夫の力量からすれば“寝ぼけまなこ”で撮影した凡作でしかありません。
中島貞夫の本領は『序の舞』(1984年)などの文芸大作の中には見あたらないのです。


やはりこの人はヤクザ映画、そしてアクション、なかでもこの『狂った野獣』・・・もうホント、サイコー!なのです。


二人の銀行強盗に乗っ取られた路線バス。劇中では京都の街をほぼノンストップで暴走するのですが・・・。
もちろん単なるパニックムービーでも、サスペンスでもありません。
銀行強盗のひとりが片桐竜次なのは納得として、もうひとりが何せ、川谷拓三なのですから。

WS000151_R_20110531233903.jpg

しかも、バスの後部座席に座っている乗客は・・・渡瀬恒彦!!

東映のピラニア軍団総出演ともいえる俳優陣も、当時の渡瀬恒彦の前では盛り立て役でしかありません。
ところが、渡瀬恒彦がただのメインキャストであったなら、ここまでこの映画を褒めることはないわけで・・・。
バスの中には12名の人質がいて、その人たちのアクの強いこと(笑)。
そして追いかけるはずの警察がマトモであるはずもなく、とくに白バイ隊員の室田日出男の執念といったら・・・(呆)。


それでは、完全ネタバレあらすじ、です。
それぞれの配役に役名はありますが、あまり意味はありませんので、役者名で表記しております。


銀行強盗に失敗し(苦笑)、通りかかった路線バスに乗り込んだ片桐竜次と川谷拓三。

WS000094_R.jpg

運転手を脅して、ノンストップで走らせますが・・・この運転手、心筋梗塞の病気持ち。これが、二人にとって第一の運の尽きでした(苦笑)。


WS000219_R.jpg
〈二人が乗っ取ったのは「京洛バス」(架空のバス会社)の大覚寺から京都駅へと向かう路線バス〉

乗客は・・・、
犬をこっそりと連れ動物病院に向かう途中の荒木雅子。
役をもらって急いで京都駅に向かう駆け出しの女優・橘真紀。
不倫関係にある小学校教師の野口貴史と生徒の母親・三浦徳子。
少々ボケ気味の老人・野村鬼笑。
ラジオで競馬中継を聞き続ける松本泰郎。
パーマのカラーをつけたまま風呂へと向かうホステス・中川三穂子。
チンドン屋の丸平峰子と畑中伶一、そして志賀勝。

WS000111_R_20110531233904.jpg

そのほかに野球帽をかぶり、塾に向かう途中の小学生が二人。

それにしても、ピラニア軍団ばっかりだ・・・。


そして、後部座席で新聞を読んでいたのが、渡瀬恒彦。
渡瀬の手には大きな黒い楽器ケースが・・・。
彼はもともと自動車会社の開発テストドライバーで、目の病を患い事故を起こして、お払い箱に。
そして同僚であった若い女性・星野じゅんが彼を追って会社を辞め、二人して大阪の宝石店で8500万円相当の宝飾品を強奪し、別々に逃走していたのでした。
京都駅で落ち合う道中で、とんだバスジャックに遭遇してしまったのです。

大事に抱えた楽器ケースには強奪した宝石が詰め込まれていたのでした。

WS000181_R_20110531233901.jpg


次第にパニックになる乗客たち。川谷拓三がお得意の「ぶち殺したる!」を連発すると一時は静まるものの、「降ろしてえなあ、堪忍してえなあ・・・オニ! 人でなし!!」とおばちゃんにすごまれると、シュンとしてしまう人の好い拓ボン。

WS000275_R.jpg

おばちゃん役の荒木雅子の「ええ若いもんが、ただボケッと座ってんと、何とかしたらどうやのんな! あんたらそれでも男か! チンチンつけとんのか!!」の言葉に発奮したのか、競馬中継に夢中になっていた松本泰郎が拓ボンに襲いかかります。

WS000153_R_20110531233903.jpg

そこに渡瀬恒彦も加勢するものの、松本が足を片桐竜次に刺されると、またしてもバスの車中は沈静化。


WS000210_R.jpg
〈ラジオの生放送中にバスジャックのニュースを伝えるのは笑福亭鶴瓶。まだアフロだった頃!〉

小学生の二人は唯一のノーマルな乗客だと思いきや、その親が濃かった・・・。
バスジャックを知った小学生の親は、松井康子(ピンク映画草創期の女優さんです)。子どもを心配して、パックをつけたまま警察署に駆けつけます(笑)。

WS000253_R_20110531233942.jpg





コメント

  1. mfg8002 | URL | -

    この映画を探してました

    「鶴瓶がDJをしている映画」それしか手がかりがありませんでした。
    多分80年代初めに、TVで見ました。時折、何かのおりにこの映画のことが気になります。
    特に、意味があるわけでもないのに。同じ気持ちになるのが、ATGの「KEIKO」,NHKの「安寿子の靴」
    です。後者については、高野川近くでロケを偶然見ました。唐十郎さんとすぐにわかり友人としばらく見ていたことを記憶しています。学生時代の遥か彼方の記憶です。
    毎回興味深く拝見しております。

  2. t.okuno | URL | -

    mfg8002さん、いらっしゃいませ。

    ご来訪、ありがとうございます。
    名作の誉れ高い(笑)、『狂った野獣』でしたが、長らくDVD化はされませんでした。
    まあ、今のご時世・・・「狂った」というタイトルだけで敬遠される時代なのですから・・・と、よもやタイトルで不遇をかこったというわけではないのでしょうが。
    鶴瓶は全くのチョイ役ですが、あの初期型アフロに帽子は存在感大ありです(笑)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/272-f0ab03d5
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。