--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空の人たち その2

2011年12月13日 23:21

『青空の人たち』では梶井基次郎について、次のような文章から始まっています。
もし梶井さんが五十歳を過ぎるまで生きていたら、どんな顔になったであろうかと、私は以前から何かの折にふっと思うことがあったが、そんな時必ず目に浮かぶのは、晩年のお母さんの顔であった。

『青空』同人の中でも、平林英子と最も古くから付き合いがあったのが、梶井基次郎。彼は京都の旧制第三高等学校時代に、同棲していた中谷と平林の部屋に学校をサボっては入り浸っていました。

梶井が初めて小説を書いたのは、三高に入学した二年目の初夏。「汽車通学の往復で、度々顔を合わせた同志社女学校専門部の女生徒に思いを寄せて、見事失敗した直後のこと」(本文より)と回想しています。同性の中谷には話しづらい恋愛の相談も、平林には気軽に相談できる間柄だったようです。

ある朝、梶井は通学途中の意中の彼女に、英詩集の一ページを破り、彼女の膝上へ「これを読んでください」とお置いてくるのです。そのページには女性への愛情を訴える詩が載っていました。そして行動に移した直後に、梶井が現れたのは、平林の部屋。
「大胆なことをなさったのね」という私の顔を見ているうちに、梶井さん自身も少し不安になってきたらしく、自分で自分を元気づけるように「細工はりゅうりゅう……」などと云って胸を叩いたり、大きい掌を宙に振ってみせたりしたが、何となく落ちつかないようだった。
この告白は平林の予想通り失敗に終わるのですが、それから間もなく、その時のことを二十五、六枚の小説にして平林のもとに読んでほしいと持ってきたのです。
小説のすじは忘れたが、胸をわるくしている青年が主人公で、夜中、熱にうかされた青年が、両手を宙にあげては、弱々しい救いを求める場面があったことだけ覚えている。作品の題も忘れたが、表題の右肩には、例の達筆で「習作」と書いてあり、左方の少し下った場所に「この拙なき一篇を中谷妙子に捧ぐ」と書いてあった。中谷妙子なんて、初めて聞く名前だったが、世の中には似た名もあるものだと、私は軽く思っただけだった。
おそらく恋の告白の相手が、中谷妙子という女学生だったのでしょう。その日の帰り、梶井からその小説を「これはあなたにあげましょう」と渡された平林でしたが、残念ながら梶井の幻の処女作は、平林が住居を転々としているうちにどこかへなくしてしまったようです。


そのほかの平林が梶井を語ったエピソードには、

近くの洋館から聞こえる讃美歌をいつしか覚え、口ずさんでいた平林を見て、梶井が音符の付いた立派な歌集を持ってきてくれたり・・・、
平林と中谷と梶井との三人で嵐山で遊んだとき、梶井は寒いだろうからと平林の肩にマントを掛けてやったり、持ち物を持ってくれたりするのに、中谷は何も気づかない態度なのを怒って「おまえは暴君だぞ!」と叱りつけたり・・・。

と、女性想いの優しい一面ばかりが語られています。中でも、

中谷や梶井が東大進学で東京に出てきてからのこと。
生活に困窮していた中谷家では、平林の着物を質屋に入れて金を用立てようと考えますが、平林は一度も質屋に行ったことがなく恥ずかしさもあって、しぶしぶ涙を拭きながら夜道を歩いてたどり着いたのは梶井の下宿。
質屋通いになれていた梶井に気安く行ける質屋を紹介してもらおうとの心つもりだったようです。
下宿の玄関に現れた梶井は、泣きはらした平林と風呂敷包みを見て事情を察したらしく、目的の質屋の前に来ると、平林の手から風呂敷包みをもぎ取るようにして、「あなたはしばらく、その辺をぶらついていなさい」と、ひとり質屋の暖簾の中へと入って行くのです。
私はその時まで、自分が店へ行って金を借りる交渉をするつもりだったから、何となく緊張していたが、梶井さんが行ってくれたので、嬉しいやら、ほっとしたやらで、その辺をぶらつくどころか、じっと道傍に立ったまま梶井さんが出てくるのを待っていた。そして、やがて出てきた梶井さんの手から、小さく畳んだ風呂敷や、若干の金と質札を渡された時は、しみじみと「いい兄貴だなあ」と思ったことだった。

・・・いい話です。



それにしても三好達治が、あんなにもわがままでダメ人間だったとは。

1930(昭和5)年には処女詩集『測量船』を発表し、ほどなく叙情的な詩風で人気詩人となった三好達治でしたが、

うすら寒い夜、突然、中谷家を訪れ、尊敬していた萩原朔太郎に詩が古いと言われた悔しさのあまり、「俺の詩は古いのか! 古くはないだろう……」とうめくように言い放ち、涙を流したり・・・、
友人の家の畳の上に平気で痰を吐いたり・・・、
病気になり友人宅に厄介になっているにもかかわらず、その病人という立場にかこつけて、わがままし放題、甘え放題の粗暴ぶりを発揮したり・・・(笑)。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/271-0de82898
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。