--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青空の人たち その1

2011年12月13日 23:19

青空の人たち 著者・平林英子 1969年

IMG_0001_R.jpg


平林英子の夫である中谷孝雄や梶井基次郎らが東大の学生時代に作った文芸同人誌が『青空』。

その『青空』(1925年1月~1927年6月)に集った人々の思い出を平林英子が綴った文章が『青空の人たち』です。
中心となって取り上げられている人物は・・・梶井基次郎、三好達治、外村繁、淀野隆三、そして『青空』の同人ではなかったものの旧制三高時代から梶井、中谷らと親しかった武田麟太郎。

まだ学生だった彼らが、同人誌の打ち合わせでたびたび訪れ、会合の場所として使用していたのが、早くから“ままごと”のような結婚生活をしていた中谷と平林の家でした。
のちに自らも作家となる平林英子ですが、むしろ作家としての眼よりも、中谷孝雄の妻として見た彼らの姿が描かれていて、おもしろい一冊となっています。
これらの文章の初出は、檀一雄が編集に携わった季刊文芸誌『ポリタイア』。何度かに分けて掲載された文章が1969年に皆美社より単行本として出版されました。


平林英子(1902(明治35)年―2001(平成13)年)は長野に生まれ、京都で事務の仕事をしていた頃、旧制三高に通っていた中谷孝雄と知り合い、同棲を始めます。

いったん平林と中谷との関係がこじれ、平林は実家に帰った後、当時私淑していた武者小路実篤が主宰する「新しき村」に入村。しかし、翌年には離村し、地元長野で新聞記者として働きます。その頃にはすでに、中谷との関係も修復していました。

1924(大正13)年、中谷が大学入学で東京へ移ったのを機に、夏には平林も新聞社を辞めて上京。翌年には子どもにも恵まれますが、家柄を重んじる旧家の中谷家にはこの結婚は秘密とされ、事実婚のままの生活が長く続いたのです。

作家となる夫の影響や、『青空』の会合での多くの文学青年との交流もあって、のちには自らも作家に転身。
1932(昭和7)年には「日本プロレタリア作家同盟」に加わり、解散後は「日本浪漫派」に夫とともに属しました。

平林は母親や妻としての一面も強く、多作な作家ではありませんが、1974年には『夜明けの風』で芸術選奨新人賞を受賞。
自らも99歳と長命でしたが、夫の中谷孝雄も93歳と天寿を全うしています。


「日本プロレタリア作家同盟」は非合法組織である日本共産党の子飼いの組織でもあったわけですが、そこで平林は後に財政部長となります。とはいえ、毎日、同盟費の集金に回るような仕事ばかり。しかも平林は共産党員でもなく、挙げ句の果てには近所に陸軍の将校の家があるからというだけで共産党員からは「スパイ」呼ばわりされる始末で・・・。
働く者が倖せになるような、社会のくることを希い、そうした理想のもとに、よい作品を書きたいという、まことに単純な気持から入ってきた私にとって、上部から出る観念的な指令には歯がたたなかった。同盟員の間では「政治と文学」についての論争も、しばしば繰返されはしたが、結局は、政治にひきずりまわされる結果になった。
徳永直や、林房雄といった幹部らが離れ、「日本プロレタリア作家同盟」は自然消滅し、平林も「ほっとした」と述懐しています。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/270-add14405
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。