--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉妹坂 その2

2011年08月05日 23:37

あらすじ・・・。


両親が不慮の交通事故で亡くなって7年。
父親が営んでいた哲学の道近くの写真店を改装し、喫茶・土産物店「小径」を営む長女・彩(紺野美沙子)。雑誌社に勤めるカメラマンの次女・茜(浅野温子)。大学生の三女・杏(沢口靖子)。そして、高校生の四女・藍(富田靖子)。

ある日の大学の構内で、三女の杏がフェンシング部で学内の人気者の二人、桜庭諒(尾美としのり)と柚木冬悟(宮川一朗太)から告白される。


戸惑う杏を尻目に、クリスマスパーティーのダンス会場で冬悟から無理矢理キスされた杏。それを見た諒は「どうやらオレの負けらしいな」とあっさり杏を諦めた。

そして、諒が後輩たちと飲みに行ったスナックで見かけたのは次女の茜。家計を助けるためにカメラマンの他に、夜はスナックでアルバイトをしていた彼女に心を寄せる。

WS000112_R_20110531111837.jpg
〈謎の覆面をかぶり悪ふざけをして夜の祇園を歩く、尾美サン〉

冬悟の誕生日に実家の茶会に誘われた杏。冬悟の実家は老舗の京扇子屋で、本来の冬悟には従妹でフィアンセの宝大寺毬子(横山美樹)がいたのだった。ところが、柚木の気持ちが杏に移り変わっている事を知った毬子は、杏を喫茶店に呼び出し、杏も知らない自らの出生の秘密を明かす。喜多沢家の本当の子供は長女の彩だけで、他の三姉妹は施設からもらわれてきた養女だという事を。

WS000172_R.jpg
〈冬悟を返せと杏に迫る毬子。「返してくれへんのやったら、ここを切るわ」とティースプーンを手首に当てる毬子!〉

WS000173_R.jpg


戸籍謄本を取り寄せ、事実を姉に尋ねる杏。その姉たちのやりとりを部屋の外で聞いていた四女で高校生の藍はショックを受け、自暴自棄になってディスコに繰り出す。

WS000266_R_20110531111835.jpg
〈酒に酔った四女役の富田靖子は、ビックリするくらい奇妙なロボットダンスを披露(苦笑)〉

東京に住む杏の生みの親・綾小路良江(入江若葉)が現れ、彩に杏を引き取りたいと申し出る。綾はその申し出を断るが、茜は突然、杏に冷たくなり、彼女の生母に引き合わせる。

WS000235_R.jpg
〈京都センチュリーホテルのレストランで綾小路良江(入江若葉)が彩(紺野美沙子)に杏を引き取りたいと言っている場面ですが・・・後ろの外国人エキストラの張り切り方が凄い(笑)。入江若葉のセリフが耳に入らないくらいのジェスチャーによる会話で熱演!〉


家計を助けるため夜のアルバイトをしていた茜(浅野温子)が倒れ、杏(沢口靖子)は裕福な生母の元に行く決心をし、その最後の思い出に冬悟(宮川一朗太)と旅に出て一夜をともにする。

WS000320_R.jpg
〈杏と冬悟が降り立ったのは、山陰線の保津峡駅〉

綾小路家に入ったはずの杏だったが、すぐに家を出て夜はウエイトレスのアルバイトをしながら自活。夢であった施設で働く保母を目指す。

その頃、喀血していた茜が医師の岩城(竹脇無我)から白血病と宣告された。岩崎は彩(紺野美沙子)のかつての恋人でもあった。彩は自分の幸せを捨て、岩崎と別れ妹たちを育ててきた。
長く生きられないことを悟った茜は諒(尾美としのり)と荒れた海を見に行く。

東京にいる杏は、建設会社に就職が決まり研修に来ていた冬悟から茜の病気の事を聞く。
茜の病気を心配し、杏が京都に戻り久しぶりに四姉妹がそろった席で、自らの妊娠を告白する茜。お腹の子は諒の子どもだった。

WS000503_R.jpg
〈「子どもは私の籍に入れますさかい、どんな結果になってもあんたさんは新しい人生を目指しておくれやす」と諒へと告げる彩に「オレと茜さんはれっきとした夫婦なんです」とキッパリ応えるオットコマエな諒役の尾美サン。ロケ地は寺町五条下がるの“世継地蔵”こと上徳寺〉

余命少ない茜だったが、子を産む決意をし、無事に男の子を出産。

WS000532_R.jpg


体も弱くなった茜は「海を見たい」と言い出し、病院を抜け出し諒と二人で出かけた海岸で、茜は息絶える。

WS000541_R.jpg
〈亡くなった茜を抱きかかる諒。そのそばを通りかかる老人には特別出演の宇野重吉〉

そして、海岸からの帰り道、亡くなった茜を乗せた諒の運転する車はガケから海へと飛び込こむ!!?

ダム工事の工事現場から一年ぶりに杏の元に帰ってきた冬悟。
そして、藍(富田靖子)は夢だった手描き友禅作家へと、杏は保母にとそれぞれが道を歩み始める。
茜と諒の息子・一仁が歩けるようになり、桜の舞い散る坂道を手をつないでそのこの手をつないで上がっていくのは岩城。そして坂の中ほどでは彩が立っていた。

WS000582_R.jpg



映画、もとい芸術的表現というのは、なにもリアルである必要なんてないってことが、この映画からは学べます。残念な事にDVDにはなっておらず、手軽に観る事はできませんが。
DVDになっていないって・・・まさか、大林宣彦や出演者の中で、忘れたい過去となっている作品ではないですよね?






コメント

  1. Sato | URL | -

    映画音楽

    この映画のBGMのピアノ曲 何という題名かご存知ですか?

  2. t.okuno | URL | -

    Satoさん、ちょっと曲名はわからないです。
    大林作品は、どれもいい曲ばかりで気になりますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/269-d0e99e1f
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。