--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都大学の近代建築 その1

2011年07月15日 00:29

京都大学の近代建築 武田五一

京都における建築シリーズとして伊東忠太を取り上げましたが、京都の建築物を語る上で欠かせない人物と言えば・・・そう、武田五一です。

しかし・・・この人、「関西建築界の父」と呼ばれるだけあって、京都にある作品だけでもかなりの数に上ります。

ということで、今回は武田五一の携わった建築物があり、他にも数々の名建築の宝庫でもある、京都大学の建築物をまとめて見てみましょう。

新撰京都名所圖會 巻一 京都大学 - コピー
〈新撰京都名所圖會 巻一 京都大学〉

WS000009.jpg
〈google earth より〉

WS000000_20110510002325.jpg
〈google map より〉

京都の大学でもとりわけ、京都大学と同志社大学は開学当初から同じ場所にあって、明治期からの多くのレンガ建築が残っていることで知られています。
同志社は田辺への移転が計画された当時、今出川のレンガ建築群の行方を心配する市民の声も多かったようですが、今もウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計に代表される美しい建物は健在です。
唯一の例外は、1991年に学校OBや多くの市民の反対を押し切って取り壊された同志社女子大学の静和館(1911(明治44年)完成)でしょうか・・・。しかも、この静和館は武田五一の設計でした(苦笑)。もったいないですねえ。


武田五一(1872(明治5)年―1938(昭和13)年)は、備後福山藩(現在の広島県福山市)に生まれ、5歳年長の伊東忠太と同じく東京帝国大学工科大学で“日本建築界の父”辰野金吾に学びます。
東大助教授になって間もなく、イギリスに留学。1903(明治36)年の帰国後は東大に戻らず、京都高等工芸学校(現在の京都工芸繊維大学)教授となったことが、関西(特に京都)を中心に活躍するきっかけとなったのです。

WS000001.jpg 〈武田五一〉

1918(大正7)年にはいったん京都を離れ名古屋高等工業学校(現在の名古屋工業大学)校長となるも、1920(大正9)年には京都帝国大学に工学部建築学科を創設し、初代教授に就任。多くの後進を指導しながら、自らも晩年まで設計意欲は衰えませんでした。

残念ながら、関西を中心とした武田五一の活動が、彼の日本建築界における過小評価に繋がっているとの意見もあります。しかし、京都の目を引く建築物は、あれもこれも、武田五一の設計だったりするのです。


ちょうど、武田五一がヨーロッパに留学した1900年代初頭は、アール・ヌーヴォーそしてアール・デコといったデザインや意匠の新しい潮流が出てきた頃で、武田五一の一連の作品にはその風潮が色濃く映し出されています。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/253-4c405298
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。