--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩倉のモヒカン山

2011年05月09日 00:14

岩倉のモヒカン山

モヒカン山がいつの間にか高級住宅地にっ(驚)!


岩倉のモヒカン山を知らない人は、京都人として・・・もぐりです。

モヒカン山とは嵯峨の小倉山とともに30年前から京都の“恥部”として有名だった岩倉にある小高い山。景観破壊の象徴として長きにわたり“名を馳せた”珍名所だったのです。
(ちなみに小倉山は、藤原定家が小倉百人一首を選定した場所としても有名で、そんな景勝地が当時、国鉄の山陰線トンネル工事の土砂置き場となって長年放置され、見るも無惨な状況となっていたのです。)

モヒカン山2-1

もともとは東に比叡山を望む「岩倉五山」の一つに数えられた風光明媚な「一条山(いちじょうざん)」という、およそ60メートルの小さな山でした。
場所は叡山電車木野駅の南、妙満寺(顕本法華宗の総本山)の北、京都府立北稜高等学校の東・・・、わかりやすく言うと「マックさんの家」の東側ですね(笑)。
(モヒカン山が世に知られることとなる30年前と言えば、「マックさんの家」のステッカーが京都の町に氾濫していた時期と重なります・・・。)

この一条山に対して、京都市内の開発業者が1981年に造成許可を得て、宅地工事を開始します。ところが当初の開発許可計画をはるかに逸脱した工事が行われ、近隣住民が変わり果てた一条山に唖然とし京都市に通報したのが1982年の末。市は1983年2月に業者に対し工事停止を命令するも、時すでに遅し・・・。

見るも悲惨で滑稽なモヒカン状態となっていたのでした。

モヒカン山

当初の計画には、山の稜線を残すという条件が含まれていたと言いますが・・・すっごく刈り上げられ、かなりのアメリカンです(笑)。


京都市の工事停止命令から6年半、1989年10月に市は業者に対し、山のほとんどを削り取ってしまう第2次開発許可を出します。その理由として、はぎ取られた山肌は防災上きわめて危険で、原状回復も困難との判断がありました。ただし譲歩条項として、業者に対し全土地の20%を緑地公園として市に無償提供することが含まれていました。

ところがこの第2次開発許可に地元住民は猛反発。この許可だと、当初の計画より宅地面積が二倍近くになり、業者が“ヤリ得”“ゴネ得”だと訴えたのです。

住民側は、第2次開発許可の2ヶ月後である1989年12月に京都市開発審査会に開発許可の取り消しを求める審査請求を提出。2年の審理の後、1992年3月に開発許可は違法とされ取り消されます。

が、業者も手をこまねいているわけではありません。取り消された翌月には、この採決を不服として、建設大臣に再審査請求を開始。2年後の1994年12月には「住民には審査請求人適格がない」との理由で、建設大臣によって業者に対し全面開発の許可が出ますが・・・、1995年3月、住民側はすぐに原告団を結成して、裁判を起こします。

30回もの裁判は17年に及び、原告が訴訟を取り下げるかたちで2001年に「モヒカン山」裁判は終結。開発が開始されてから、20年もの年月が経っていました。しかも、その間ずっと一条山はモヒカンのままで・・・。

住民側が提訴を取り下げた理由としては、裁判の長期化による疲労が大きかったようです。そして取り下げの条件として、緑地率を当初の24%から44%に増やすなどの一定の配慮もあったようで。

WS000003.jpg
〈真ん中が「一条山」の場所 google earthより〉


かつての一条山の北と東を取り囲む“くの字”形に90戸近い宅地が造られ、小ぶりなりにも「一条山」は残った格好になったと言いますが・・・これって残ったと言えるのですかね。

WS000005.jpg
〈宅地造成中の一条山 google earthより〉


2007年、かつてのモヒカン山があった場所には高級分譲地が出来上がりました。

DSC01785_R.jpg
〈右が三分の一ほどの大きさになった「一条山」〉

しかもその名は・・・「宝ヶ池 山手街」!

DSC01789_R.jpg

まだ、何戸か空き地がありますので、お早めに。

DSC01775_R.jpg

72.98坪で4603万円とか、74.53坪で4055万円とか・・・、桂坂なみの、名に違わぬ高級住宅地です。


ただ、残念なのは、残したはずの小ぶりとなった「一条山」・・・このハゲ山状態です(泣)。

DSC01799_R.jpg

「風致保全緑地」の碑が建っていますが・・・緑がどこにもありません。どうも、この新生「一条山」に緑が戻るには50年、100年ほどはかかるらしいのです。

DSC01770_R.jpg

せっかくの高級住宅地なのに・・・この堅固な塀に囲まれたハゲ山は邪魔なだけですね。

DSC01817_R.jpg

山の手を名乗っても、最寄りのバス停は「一条山」のまま・・・。





コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/252-9cd99ed5
この記事へのトラックバック


Twitterボタン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。