--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夭折の天才画家 村山槐多 その1

2011年05月12日 00:17

夭折の天才画家 村山槐多


村山槐多「尿する裸僧」1915年 〈「尿する裸僧」(1915年)〉

『尿(いばり)する裸僧』・・・?・・・・・・??・・・・・・・・・!!!

もう、こんなタイトルを思いつくだけでも天才なのに・・・、裸の僧が合掌して托鉢に放尿!!
しかも体全体から赤く光を放つという異様さ。
もはや不気味さを超越し、神々しくすらもあります。

耽美主義も行き着くところまで行き着くと、このようなシュールの極地にたどり着いてしまうのでしょうか。


この作者はいわずとしれた、村山槐多(むらやま・かいた、1896(明治29)年―1919(大正8)年)。
わずか22年5ヶ月の人生で、その才能は絵画にとどまらず、多くの詩や小説としても残されています。

「一本のガランス」(1918年)

ためらふな、恥ぢるな
まつすぐにゆけ
汝のガランスのチユーブをとつて
汝のパレツトに直角に突き出し
まつすぐにしぼれ
そのガランスをまつすぐに塗れ
生のみに活々と塗れ
一本のガランスをつくせよ
空もガランスに塗れ
木もガランスに描け
草もガランスにかけ
魔羅をもガランスにて描き奉れ
神をもガランスにて描き奉れ
ためらふな、恥ぢるな
まつすぐにゆけ
汝の貧乏を
一本のガランスにて塗りかくせ。

『槐多の歌へる 村山槐多詩文集』(酒井忠康編、講談社文芸文庫)より

ガランスとは赤い絵の具のこと。まさにこの色が槐多の絵にとっては血のように、絵に生命を湛える色だったのです。とはいえ・・・、

村山槐多_0007
〈「カンナと少女」(1915年)第二回日本美術院院賞受賞〉

「カンナと少女」(1915年)は、京都の旧制中学を卒業後、上京し下宿していた小杉放庵(未醒)邸の庭で隣家の少女をモデルに描いた作品ですが、モデルの子は出来上がった絵を見て、「私の顔はこんなに赤くない」と怒ったそうです(笑)。


この人の作品を見ると、まあ、つくづく生まれ落ちた星が悪かった・・・と思いますネ。この星は、この人の抱えた才能を発揮するには窮屈すぎたようです。


旧制中学時代には英訳のプラトンを読破していたほどの秀才で、恋愛の対象は性別や年齢を超越し、退廃的な生活や奇行の数々、そして、ほとばしる才能とは裏腹に最期は代々木のあばら家で発狂同然のうちに22歳の若さで夭折した天才画家。その作品は絵画のテクニックを論じる以前に、彼の人生の歩みとともに圧倒的な存在感で見るものに迫ってきます。

村山槐多_0005 〈「紙風船をかぶれる自画像」(1914年)〉

若気の至りが、至り尽くしたまま、短い人生を駆け抜けた芸術家。それが村山槐多なのです。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2ndkyotoism.blog101.fc2.com/tb.php/249-aa2c42ff
    この記事へのトラックバック


    Twitterボタン

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。